Fire HD 8(2018)が Alexa に対応。Showモードも搭載(Fire OS 6.3.1.2)




Fire HD 8 タブレット(2018年モデル)で
Alexa 機能が使えるようになりました。
(動画あり)
[公開日時:2019年9月6日
最終更新:2019年10月31日]

動画解説「Fire HD 8(2018)で Alexaが使える(2019年8月から)」

【動画】「Fire HD 8(2018)で Alexaが使える(2019年8月から)」

Fire HD 8(第8世代・2018)が Alexa に対応(2019年8月)

Fire HD 8(第8世代)が2019年8月19日以降のソフトウェアアップデートで、
Alexaに対応するとアマゾンジャパンが発表しました。
Fire HD 8(第8世代)は2018年10月に発売されたモデル。

Fire OS 6.3.1.2 以降にアップデートするとAlexa機能が使えるようになります。

アップデート直後には全画面でAlexaを紹介するアニメが再生され、
Alexa機能を有効にするか、無効にするかの選択画面になる。

無効にしても、後から設定で有効に設定変更できる。

設定メニューに、
[Alexa][Showモード]が追加されていれば、新機能Alexaを使える。

Alexa(アレクサ)とは

Alexaアレクサとは、Amazonの AIアシスタントであり音声アシスタント。
声で質問すると会話しているかのように答えてくれたり、
音楽再生、予定リストの作成、Amazonのお買い物を注文、
スマートデバイスの操作など、話しかけることで自動操作してくれる。
つまりハンズフリー
他にも様々な機能を実現するアシスタント機能。

Amazon Echoシリーズの端末で使う機能。

FireタブレットでのAlexa機能対応状況

2019年4月中旬にリリースされたFire HD 10 (2017)への
システムアップデート Fire OS 5.6.4.0 において、
Alexaが追加され新機能となりました。
これが日本のFireタブレットにおけるAlexa初対応。

Fire HD 10 がShowモード(Amazon Echo)に対応【Alexa 機能を搭載】Fire OS 5.6.4.0

その後、2019年6月発売の新型 Fire 7(2019)に搭載され発売開始。

2019年新型 Fire 7 タブレット発売。7型キッズモデル版も同時発表

Fire 7【レビュー】2019年新型タブレット(7インチ・第9世代)
新機能 Alexaを搭載

そして今回、2019年8月下旬以降のシステムアップデート
Fire OS 6.3.1.2で、Fire HD 8(2018)に対応。

これで現行のFireタブレットのラインナップ三端末全てにおいて、
Alexaが使えるようになりました。

なお、スクリーン付きスマートスピーカーEcho Show 端末のように、
立て掛けて情報スクリーンを映しておく使い方、
Showモードを使えるのは、
Fire HD 10 (2017)とFire HD 8(2018)だけ。

Fire 7(2019)はAlexa機能を装備していますが、
Showモードは使えません。

【使い方】 Fire HD 8(2018)でのAlexa機能

Fire HD 8 タブレット(第8世代・2018)でのAlexa機能の使い方を解説します。

Fire HD 8 (2018)で、Alexa を有効にするとアレクサ機能を使用できる。
Showモードも装備している。

【Alexa】を有効にする

Fire HD 8 (2018)の設定から、
[Alexa]をONにするとアレクサ機能を使用できる。

[設定]
[Alexa]をタップ
(Alexa設定画面)
右上のスイッチアイコンをタップしてONにする

ハンズフリーと手動でのAlexa起動の違い

設定でAlexaがONになっていれば、
最下部のホームボタン長押しすることでAlexa機能が起動する。

ホームボタンの真上の部分に、
青い光の横線が表示されたらAlexa起動中の合図。
声で話して、質問や操作すればよい。

アレクサとのやり取り対話はハンズフリーだが、
起動は手動で行っている。
これはハンズフリーモードOFFの状態。
このとき最上部の細いステータスバーには、
時刻、バッテリー残量、WiFiなどに並んで、
人が喋るのが×といったアイコンが表示されている。

Alexa起動もハンズフリーで行うには、
設定を変更する必要がある。

[設定]
[Alexa]
[ハンズフリーモード]ON

ハンズフリーモードでは、
「アレクサ、」と話しかけるだけでAlexa機能が起動する。
手動でホームボタン長押しをする必要はない。
ステータスバーの人が喋るのが×アイコンは消える。

動画解説「Alexaハンズフリー2台同時に使ってみた。Fire HD 8(2018)【比較】Fire HD 10(2017)(アレクサ)」

【動画】「Alexaハンズフリー2台同時に使ってみた。
Fire HD 8(2018)【比較】Fire HD 10(2017)(アレクサ)」

また、AlexaがONになっていると、
画面上部からスワイプダウンして開く
クイック設定に[Alexaハンズフリー]
というボタンが追加されている。

(AlexaがONの状態で)
クイック設定を開く
[Alexaハンズフリー]ON/OFF

クイック設定からでも
AlexaのハンズフリーモードONとOFF
がタップして切り替えられる。

動画解説「Fire HD 8(2018)Alexa設定(手動とハンズフリー違い)」

【動画】「Fire HD 8(2018)Alexa設定(手動とハンズフリー違い)」

【Showモード】の起動と終了

Alexa を有効にした状態で、
画面上からスワイプダウンしてクイック設定を開くと、
クイック設定の最下部に
[Showモード]のスイッチアイコンが出現する。

[Showモード]をタップしてONにすると、
Fire HD 8 タブレットがShowモードに切り替わる。

Showモードとは、
スマートスピーカーAmazon Echo端末の
ディスプレイ付きモデルであるEcho Show端末のように使える状態。

全画面で情報表示ディスプレイとなり、
従来のFireタブレットのホーム画面ではなくなる。
Fireタブレットとしては使えない状態になる。

終了させるには、Showモードの状態で、
起動時と同様に、
画面上からスワイプダウンしてクイック設定を開き、
[Showモード]スイッチをタップしてOFFにする。
これで元のFireタブレットのホーム画面に戻る。
Fireタブレットとして使える。

ハンズフリーとShowモード

ハンズフリーをONにしておくと、
「アレクサ、Showモードに切り換えて」
「アレクサ、Showモードを終了して」
などと話しかけることで
ホーム画面とShowモードの切り替えができる。
すなわち手動での操作不要のハンズフリーでShowモード起動と終了が可能。

なお、ShowモードはAlexaでもあるので、
全画面の情報表示になっていても、
「アレクサ、」と呼びかけて質問、対話、
スキルの指示などAlexaとして使える。
そのためにはハンズフリーをONにしておく必要がある。

特にShowモードではホームボタンが無いため、
Alexa を使うつもりならハンズフリーモードにしておくべきだと言える。

Showモードの詳細設定

Showモード時の背景をAmazon Photosの写真に変更できる。

[設定]
[Showモード]
[ホーム画面]
[背景](デフォルト)
(Amazon Photos)選択

ホームコンテンツの設定。
連続で切り替えて表示するか、
表示させる内容などを選んで設定変更できる。

[設定]
[Showモード]
[ホーム画面]
[ホームコンテンツ]
[連続]ON/OFF(ホームカードを連続回転)
表示コンテンツ(各ON/OFF)
[リマインダー]
[呼びかけ](連絡先)
[次の予定](カレンダー次の予定)
[話題](Amazonおすすめの話題やビデオ)
[通知](好きなどのAlexaのサービスからのアラート)

動画解説「Fire HD 8(2018)Showモード設定と起動(Alexa)」

【動画】「Fire HD 8(2018)Showモード設定と起動(Alexa)」

使ってみたShowモード(Alexa)

実際にShowモードを使ってみました。
手動で使う様子とハンズフリーで利用する様子を動画に撮影しました。

動画「Fire HD 8(2018)Showモードを使ってみた(Alexa)」

【動画】「Fire HD 8(2018)Showモードを使ってみた(Alexa)」

動画「Fire HD 8(2018)ハンズフリーでShowモードを使ってみた(Alexa)」

【動画】「Fire HD 8(2018)ハンズフリーでShowモードを使ってみた(Alexa)」

動画「Fire HD 8(2018)Showモード【サイズ比較】Fire HD 10(2017)(Alexa)」

【動画】「Fire HD 8(2018)Showモード【サイズ比較】Fire HD 10(2017)(Alexa)」

ディスプレイ/写真スライドショー設定

写真のトリミング切り取り具合を変更できる。
スライドショーの写真が変わる時間を変更できる。

[設定]
[Showモード]
[ディスプレイ]
[写真スライドショー]
-[ディスプレイ]
(クロップなし/スマートクロップ/すべてクロップ)
-[速度]
(低速10秒/中速6秒/高速2秒)

Showモード、ホーム画面の背景。
デフォルトからAmazon Photosに変更することで、
あなたの写真をShowモード背景にできる。
アルバムも選択可能。

[設定]
[Showモード]
[ディスプレイ]
[ホーム画面]
[背景]
(デフォルト/Amazon Photos)
右端[アルバムを変更]
(あなたの写真/この日/最近の写真)

動画解説「Fire HD 8(2018)Showモードのディスプレイ/写真スライドショー」

【動画】「Fire HD 8(2018)Showモードのディスプレイ/写真スライドショー」

※Alexaの使い方はこちらの記事でも解説しています。
【Alexa】Fire 7(2019)アレクサの設定と使い方
Fireのアンビエントクロック(Showモード(Alexa)+おやすみモード) (動画あり)
FireタブレットのAlexaでKindle本を読み上げる

関連記事

Fire HD 8 タブレット購入【8インチ】2018年新型
Fire HD 8【レビュー】2018年新型タブレット
Fire HD 8(2018)初期設定┃買ったらはじめに確認したいこと(Fire OS 6)
Fire HD 8(2018)でマイクロSDカードの使い方。内部ストレージ化でアプリをカードに保存する
Fire HD 8(2018)でUSBマウス・キーボードを使う
Fire HD 8(2018)でBluetoothマウス・キーボードを使う
Fire HD 8(2018)カメラ【使い方】設定変更して写真と動画を撮影する(Fire OS 6)
2018年モデル【Fireタブレット】まとめ