Fireのアンビエントクロック(Showモード(Alexa)+おやすみモード)




Fireタブレットでアンビエントクロックを使う。

スリープ画面に時計が表示されます。

動画解説「Fire HD 8(2018)Showモード設定アンビエントクロック(Alexa)おやすみモード」

【動画】「Fire HD 8(2018)Showモード設定アンビエントクロック(Alexa)おやすみモード」

Fireタブレットでアンビエントクロック表示する使い方

アンビエントクロックを表示するには、
AlexaのShowモードでおやすみモードにすればよい。

Showモードは、Alexaを前提として使うモードなので、
AlexaをONにしておく必要がある。

<アンビエントクロック>
Alexa:ON
Showモード:ON
おやすみモード:ON

Showモードの画面で、
画面上からクイック設定を開いて、
[おやすみモード]をタップしてONにする。

スリープ画面の真っ黒の画面に、
薄暗い光で現在時刻を示す時計、
アンビエントクロックが表示される。

Fire HD 8(2018)とFire HD 10(2017)でアンビエントクロック

アンビエントクロックの動作について、
Fire HD 8(2018)で確認しました。

Fireタブレットで使う場合には、
前述の通り、Alexaが使えて、かつShowモードにする必要があるため、
Fire HD 8(2018)とFire HD 10(2017)だけが
アンビエントクロックが使える対応端末ということになります。

アンビエントクロックのON/OFF設定

アンビエントクロックを表示させて使うか、
表示させない(使わない)かを設定変更できる。

[設定]
[Showモード]
[ディスプレイ]
[アンビエントクロック]ON/OFF

[アンビエントクロック]の
右端のスイッチアイコン点灯(オレンジ)
がON、
タップしてOFFにすると、
おやすみモードのスリープ画面での
時計の表示はない。

関連記事

Fire HD 8(2018)が Alexa に対応。Showモードも搭載(Fire OS 6.3.1.2)
【Alexa】Fire 7(2019)アレクサの設定と使い方
2018年モデル【Fireタブレット】まとめ