Fire HD 10(2017)でUSBマウス・キーボードを使う


Fire HD 10 タブレット2017年モデルでUSBマウス、USBキーボードが
使えることを確認しました。(動画あり)
[公開日時: 2017年11月27日]

FireタブレットのUSBホスト機能

Fire HD 10(2017)にはUSBホスト機能がある。

同年6月に先行して発売済の7インチ端末、
新型Fire 7(2017)にも実装されていることを確認済。
Fire 7(2017)でUSBマウス・キーボードを使う

旧型 Fire HD 8(2015)でも
USBのマウスとキーボードが使えました。
※2015年モデル
Fire HD 8(2015)でUSBマウス・キーボードを使う

2014年モデル以降のFireタブレットから
USBホスト機能をサポートするようになっています。

Fire HD 10(2017)でUSBマウス・キーボードを使う

Fire HD 10(2017)にUSBハブ経由からの複数機器接続で、
USBマウスとUSBキーボードを同時に操作できます。

ホーム画面からアプリ起動はもちろん、マルチタスクの終了操作。
ブラウザでネット閲覧。

電子書籍Kindleサービスについて、本を読むときの
ページめくり、戻る、はもちろんのこと、
文字サイズ、ページ位置変更など各種設定などのメニュー操作。

ゲームのプレイ。
Fire HD 10(2017)にUSBハブ経由USBマウス使用
但し、あくまでもタップ操作をクリック操作に代用できるだけですので、
端末全体を持って傾けて操作するタイプのゲームは操作不可能。

基本操作および文字入力ができるので、
ドキュメントで文章作成、表計算シート、プレゼンテーションなどの
オフィス系ファイル閲覧はもちろん、作成や編集が可能。
Fire HD 10の場合、10.1インチの大画面ですので、
まさにパソコンで作業しているかのような感覚になります。
Fire HD 10(2017)にUSBハブ経由USBマウスとキーボード同時使用

FireタブレットのUSB外部メディアの使い方

FireタブレットでUSBフラッシュメモリが使えました。
Fire HD 10(2017)でUSBフラッシュメモリ使用中

接続すると音が鳴り、左上に外部メディアの小さいアイコンが表示。
Fireタブレットで外部メディア接続中のアイコン表示

しばらくして再度、音が鳴り、画面中央に大きなポップアップ表示。
USBフラッシュメモリがFireタブレットに認識されたことがわかります。
Fireタブレットで外部メディアを接続したときのホーム画面

写真・動画や音楽がすぐに再生できるようにポップアップにて案内されている。
Fireタブレットに外部メディアを接続すると表示されるポップアップ

それ以外のファイルについては別アプリを使うことになります。

ESエクスプローラーでファイルにアクセスし、
Amazonアプリ「Adobe Acrobat DC – PDF Reader」をインストールして、
自炊した雑誌のPDFファイルを読むことができました。
資料やマニュアル類も開けるわけです。
スムーズに動作して快適。
Fire HD 10(2017)でPDFファイル閲覧、自炊雑誌を読む

安全にUSBを接続解除

USBフラッシュメモリなどの外部メディアをFireタブレットから
安全に取り外す方法、使い方。

画面上部から下方向へスワイプダウン
通知の一覧に接続中のUSBメディア名称が表示されていますので、
それをタップ。

すると接続時と同じポップアップ表示が現れますので、
右下「安全にUSBを接続解除」をタップする。

画面左上、外部メディアの小さいアイコンが消えたことを確認して、
それからUSBフラッシュメモリをUSBホストケーブルから物理的に取り外してください。

便利なAmazonアプリ

合わせて使うと便利なAmazonアプリ。
amazon.co.jpのAndroidアプリからダウンロードできます。

ファイルを探す、アクセスするアプリ。

ES File Explorer File Manager

PDFファイルを開く、閲覧するアプリ。

Adobe Acrobat DC – PDF Readerそのほか

動画

「Fire HD 10(2017)でUSB機器を使ってみた。マウス・キーボード・フラッシュメモリ」

USBホスト機能

USBホスト機能をサポートしている端末であれば、
パソコンでUSB周辺機器を接続して使うのと同様に、
ほぼ全てのUSB機器を接続して使える。
(但しドライバーソフトが不要なものに限る)

スマホやタブレット端末を、
まるでパソコンのように使えることになる。

前述の通り、Fireタブレットは
このUSBホスト機能をサポートしています。

例えばUSBのマウスとUSBキーボードを使って、
文字入力やホーム画面の操作、アプリ起動などもできる。
ゲームもプレイできる♪

【注意】USBホストケーブルを用意する必要がある

但し、ひとつだけ注意点があります。
USB機器をFireタブレットで使うには、
USBホストケーブルが必要。(OTGケーブルとも言う)
Fireタブレットには付属していませんので、
別途用意する必要があります。

Fire HD 10(2017)にUSBホストケーブルを接続

Amazonや家電量販店に売っているので
ケーブルを買ってください。

[マイクロB] ─── [USBメス]

マイクロBをFireタブレットのマイクロBポート(=充電口)に接続し、
USBメス側にUSB機器を接続する格好になります。

Amazonで買えるUSBホストケーブルの一覧はこちら

Amazon公式Fireタブレット用のUSBホストケーブル。

Amazon USBアダプタ[Fire HD 6, Fire HD 7, Fire HDX 8.9対応]

既にUSBホストケーブルをお持ちの場合は、そのケーブルで使用可能ですので、
改めて入手する必要はありません。
公式ケーブル以外のUSBホストケーブルでも使えます。
(公式ケーブルはなぜかやや高い)

関連記事

Fire HD 10(2017)でBluetoothマウス・キーボードを使う
Fire7(2017)でBluetoothマウス・キーボードを使う
Fire HD 8(2015)でBluetooth機器を使う (2015年モデル)
Fire HD 6でUSBマウス・キーボードを使う (2014年モデル)
Fire HD 6でBluetooth機器を使う (2014年モデル)
Fireタブレットの使い方【Fire OS 5】Fire7/FireHD8/FireHD10/FireHD6/FireHDX8.9/
2017年モデル【Fireタブレット】まとめ