FireタブレットのAlexaでKindle本を読み上げる




FireタブレットのAlexaでKindle本を使ってみました。
(動画あり)

[公開日時:2019年11月6日]

動画「AlexaでKindleを使ってみた。Fire HD 10(2017)・Fire HD 8(2018)・Fire 7(2019)」

【動画】「AlexaでKindleを使ってみた。Fire HD 10(2017)・Fire HD 8(2018)・Fire 7(2019)」

ハンズフリーで操作で文字のKindle本を読むのは無理

FireタブレットにあるKindle本を
Alexaのハンズフリーで操作して、
普通に文字を目で見て読みたいと考えていました。

「アレクサ、『坊ちゃん』を開いて」
と言うと、
該当のkindle本が開きますが、その先は操作できない模様。
起動直後に表示されるポップアップ[前回の続きから読みますか?]
の「はい」「いいえ」の操作から無理。
開いた本のページめくり、進む・戻るも無理。

仕方がないので、
「アレクサ、『坊ちゃん』を読んで」
と言うと、
開いたはずの文字のkindle本から
朗読用の画面に切り替わり、
Alexaの読み上げ機能で本の朗読が開始となる。

すなわち文字のkindle本のハンズフリー操作はできない、
Alexa機能へ指示しても無理でした。

Alexa機能でKindle本を読むとすれば、
Alexaの読み上げ機能で本を朗読してもらう
ということになるようです。

Alexaがマイライブラリを開く

「アレクサ、kindle本を開いて」
「アレクサ、kindle本を表示して」
と言うと、
「次のkindle本をお持ちです。」
というAlexaからの返答があり、
kindle本のマイライブラリーが表示されます。
ダウンロード済みの本一覧。
これはよい、ハンズフリー操作できています。

読み上げ機能に対応していない本が多い

「『ブラックジャックによろしく』を読んで」
と言うと、
「『ブラックジャックによろしく6』は
読み上げ機能に対応していないため朗読できません。
読み上げ機能をサポートしている本の一覧は、
Alexaアプリの本セクションで確認できます。」
というAlexaからの返答。

読み上げ機能に対応していない本が多い印象。
あまり実用的な機能とは言えません。

検索をハンズフリー操作。本のダウンロードは可能か

「アレクサ、青空文庫」と言うと、
青空文庫の本の検索結果が表示されます。

「アレクサ、『銀河鉄道の夜』をダウンロードして」
と言うと、
「わかりません、ごめんなさい。」
というAlexaからの返答。
おそらくAlexaの機能で本をダウンロードさせるのは不可なのでしょう。

「アレクサ、星の王子様」と言うと、
検索結果には、
該当するKindle本と、
関連性のあるプライムビデオ(映画)が並んで表示されました。

「アレクサ、星の王子様を開いて」と言うと、
「こちらが見つかりました」というAlexaからの返答に合わせて、
画面には、
一致する商品はありませんでした、という記載と、
関連アプリのタイトルが並ぶ。

audible.co.jp(オーディブル)への誘導、提案

「『星の王子様』を読んで」
と言うと、
「このデバイスで『星の王子様』を聞くには、
audible.co.jp(オーディブル)
で無料体験にお申込みください。
このボイスブックが無料でもらえます」
というAlexaからの返答。

本の朗読は、Amazonのオーディオブックである
Audible(オーディブル)のサービスで利用すべきだ
ということなのでしょう。

Audible(オーディブル)【Amazon】オーディオブックを使ってみた

Audible オーディブル解約方法はAmazon公式サイトから

※Audible(オーディブル)無料体験はこちら

FireタブレットのAlexaでKindle本を読み上げる

「アレクサ、『吾輩は猫である』を読んで」
と言うと、
画面に該当本の表紙と再生ボタンや
先送りボタン・戻しボタンが表示される朗読の専用画面となり、
Alexaの読み上げ機能で本の朗読が開始になります。

Alexaの読み上げ機能の専用画面と再生・停止

「アレクサ、Stop(ストップ)」
「アレクサ、止まれ」
「アレクサ、終了して」
「アレクサ、本を読むのを終了して」
などと言えば、
朗読の再生が停止。

「アレクサ、スタート」
「アレクサ、本を読んで」
などと言えば、
朗読の再生が再開。

読み上げ機能の操作(次の章へ進む・前の章へ戻る)

章を進んでもらおうと、
「アレクサ、次」
と言いましたが、
特に変化なし。

「アレクサ、『坊ちゃん』を始めから読んで」
と言うと、
「このコマンドはサポートされていません」
というAlexaからの返答。

「アレクサ、次の章を読んで」
「アレクサ、次の章」
などと言うと、
次の章を読み上げてくれる。

「アレクサ、前の章を読んで」
などと言うと、
前の章を読み上げてくれる。

「アレクサ、一番最初の章を読んで」
「アレクサ、第1章を読んで」
と言うと、
「ちょっとよくわかりませんでした、ごめんなさい。」
「わかりませんでした、すみません」
というAlexaからの返答。

ホーム画面へ戻るハンズフリー操作

「アレクサ、ホーム画面へ戻って」
と言うと、
kindle本のマイライブラリ表示や
朗読用の画面から、
Fireタブレットでアプリアイコンが並ぶホーム画面に戻る。

ホーム画面へ戻るハンズフリー操作できます。

※Fireタブレットで本の朗読、読み上げをご希望なら、
Audible(オーディブル)でご利用いただけます。
オーディブルの無料体験は↓こちら

関連記事

Fire7(2019)でkindle本を読んでみた(活字本・コミック・雑誌)
【Alexa】Fire 7(2019)アレクサの設定と使い方
Fire HD 8(2018)が Alexa に対応。Showモードも搭載(Fire OS 6.3.1.2)
Fire HD 10 がShowモード(Amazon Echo)に対応【Alexa 機能を搭載】Fire OS 5.6.4.0
Fireのアンビエントクロック(Showモード(Alexa)+おやすみモード)
2019年モデル【Fireタブレット】まとめ
2018年モデル【Fireタブレット】まとめ
2017年モデル【Fireタブレット】まとめ