Fire HD 10(2019)でkindle本を読んでみた(活字本・コミック・雑誌)




Fire HD 10 タブレットでkindle本を読んでみました。
2019年モデル、第9世代。
(動画あり)

AmazonのKindle電子書籍サービスにある活字本、コミック(漫画)、雑誌を読書。

[公開日時:2020年1月31日
最終更新:2020年2月22日]

※設定や使い方についてはこちらの記事
Kindle本の初期設定・Fire HD 10(2019)
Kindle活字本の使い方・Fire HD 10(2019)
Kindleコミックの使い方・Fire HD 10(2019)

動画 Fire HD 10(2019)Kindle電子書籍を読んでみた【比較】Fire 7(2019)・Fire HD 8(2018)・Fire HD 10(2017)・Kindle Paperwhite

【動画】「Fire HD 10(2019)Kindle電子書籍を読んでみた【比較】Fire 7(2019)・Fire HD 8(2018)・Fire HD 10(2017)・Kindle Paperwhite」

画面スペック(Fire HD 10・2019)

Fire HD 10(2019)の画面のスペック、性能。

Fire HD 10(2019)

ディスプレイ

10.1インチHD
IPSディスプレイ
解像度1920 x 1200(224ppi)
フルHDビデオ再生
反射防止技術採用

大画面・高解像度のタブレット端末ですので、
Amazonの電子書籍Kindleの
活字本、コミック(漫画)、雑誌を快適に読むことができます。

2020年1月現在販売中のFireタブレット(全3端末)での最大サイズの画面であり、
Kindle電子書籍リーダーやKindleアプリを使うスマホよりも、はるかに大きい。

「画面スペック・サイズ感(Fire HD 10・2019)kindle本を読んでみた」動画はこちら

Kindle活字本を読む Fire HD 10(2019)

Kindle活字本を読む Fire HD 10 タブレット(2019)
Kindle活字本を読んでみました。

Fire HD 10 タブレットの場合は、横向きで読むことになります。
縦向きでは逆に読みにくいかもしれません。

横向きですと見開き2ページにもなりますし、
ちょうど紙の文庫本サイズくらいになり便利。

解像度が高いことで活字もくっきり表示されており問題ありません。
文字を拡大したり、背景色や文字の設定もできる。
ハイライトを引いたり、メモをしたりと、
旧型機やその他のKindle端末と同じように操作できます。

快適に読書できますが、難を言えば、端末自体がやや大きい重いと
感じる人がいるかもしれません。
長時間の読書では、机に置いて斜めに手で支えるか、あるいは、
スタンドにたてかけて読むのもよいでしょう。

「Kindle活字本を読む Fire HD 10(2019)」動画はこちら

Kindleコミックを読む Fire HD 10(2019)

Kindleコミックを読む Fire HD 10 タブレット(2019)
Kindleコミックを読んでみました。

コミック(漫画)の場合は、縦横の両方の向きを活用することができます。

横画面ですと見開き2ページで紙の漫画本を読んでいるようであり、
何よりも2ページ分に描かれた見開き用の絵を見ることができる。

縦画面ですと、10インチ画面が活きてとても大きな絵で読んでいけます。
セリフの文字が小さいとかコマ割りが多い漫画はこのスタイルが有用。

解像度が高いので絵やセリフも滲んだり潰れることなく、きれいに読める。
カラーのページでも活きている。

「Kindleコミックを読む Fire HD 10(2019)」動画はこちら

Kindle雑誌を読む Fire HD 10(2019)

Kindl雑誌を読む Fire HD 10 タブレット(2019)
Kindle雑誌を読んでみました。

雑誌も横向きで読むことはできますが、縦向きで読むでしょう。
それが紙の雑誌に近い大きさで読めるから、という理由になります。

ところが実際には全画面ではなく、上下に大きな余白ができてしまっていますので、
ふたまわりくらい小さい。

それでも10インチを越えるタブレット端末はなかなかありません。
少なくとも現行のFire7とFire HD 8よりは大きいので、まだよいほうだと言えます。

解像度が高いので、小さな文字でもくっきり読めますし、何よりも
写真がきれいに映るのでFire HD 10 タブレットは雑誌を読むのに向いています。

「Kindle雑誌を読む Fire HD 10(2019)」動画はこちら

高速ページめくり Fire HD 10(2019)

高速ページめくり を試してみました。
できる限りの最高スピードでページを進めてみる。

連続でタップやスワイプしても問題なくスムーズにページをめくることができました。
かなりの高速ページめくり可能。

活字本ではゆっくり読むことがほとんどでしょうが、
漫画の場合にはサクサク読むこともあるわけで、ページを送る速度は非常に重要。
フリーズしたり落ちたりすることは皆無。

なお、動画にて実際の速度でのページめくりをお見せしておりますので、
ご覧いただければと思います。

「高速ページめくり Fire HD 10(2019)」動画はこちら

比較

Fire HD 10(2019)でのKindle本の読書を、
他の端末(Fireタブレット・電子書籍専用リーダー・Kindleアプリ)などと比較してみました。

【比較】Fire 7(2019)

Kindle本【比較】Fire 7(2019)・Fire HD 10(2019)
Fire 7(2019)でkindle本を読んで比較。

同じ2019年に発売された端末。
Fire 7が先に発売され、5か月後にFire HD 10が発売。

しかしこの二端末は、低価格モデルと最高スペックの両極。
そして画面サイズも最小と最大。
解像度の差が大きい。

Fire 7(2019)
7インチ
1024 x 600 (171ppi)

活字本では、Fire 7の文字の輪郭が低解像度がゆえ、ややガタガタしていますが、
普通に読むことはできます。

漫画も一見してそこまで大差はありませんが、カラーのページなどは、
Fire HD 10のほうが明るい感じであり、
何より画面が大きいので迫力があるし読みやすい。

ちなみにFire HD 10を横向き2ページ見開きで読むと、
Fire 7の縦向き1ページ分とほぼ同じ大きさになっています。
その意味でもFire HD 10が読みやすいと言える。

雑誌に関してはFire 7では小さ過ぎる印象。
快適に雑誌を読みたいなら圧倒的にFire HD 10がおすすめ。

「【比較】Fire 7(2019)(Fire HD 10(2019)でkindle本を読んでみた)」動画はこちら

関連記事)
Fire7(2019)でkindle本を読んでみた(活字本・コミック・雑誌)

【動画】「Fire 7(2019)で kindle電子書籍を読んでみた(活字本/コミック漫画/雑誌)」

【比較】Fire HD 8(2018)

Kindle本【比較】Fire HD 8(2018)・Fire HD 10(2019)
Fire HD 8(2018)でkindle本を読んで比較。

Fire HD 8(2018)は2018年に発売されたモデルですが、
総じてFire HD 10(2019)のほうが画面が明るい、クリアな印象。

そもそもFire HD 10のほうが画面が大きく、高解像度。

8インチ HD
1280 x 800 (189ppi)

雑誌や漫画のカラーページなどでは、
Fire HD 10のほうが色鮮やかで迫力があります。

大きさは2まわりほどの違いですが、読むときの体感的な違いや快適さは、
それ以上に大きな差があると言えます。

「【比較】Fire HD 8(2018)(Fire HD 10(2019)でkindle本を読んでみた)」動画はこちら

関連記事)
Fire HD 8【レビュー】2018年新型タブレット

【動画】「Fire HD 8(2018)Kindle 活字本を読んでみた。読書の使い方も解説」

【動画】「Fire HD 8(2018)Kindle 雑誌を読んでみた。自炊PDFも」

【動画】「Fire HD 8(2018)Kindle コミックを読んでみた。漫画の本読み」

【比較】Fire HD 10(2017)旧型

Kindle本【比較】Fire HD 10(2017)・Fire HD 10(2019)
旧型のFire HD 10、2017年発売モデルでkindle本を読んで比較。

画面スペックは同じで変わりません。

しかし幾分か2017年モデルのほうが明るく見えるような気がします。
それは恐らく、2019年モデルのほうが若干、黄色っぽい画面になっているから。
古い方が白青系で新しいほうが黄色系なのではないでしょうか。
ディスプレイ素材の変更があったのかもしれません。

不思議なことにプライムビデオの映画は新型のほうがクリアに見えたのですが、
Kindle本に関してはそうでもないような気がします。
プライムビデオのチューニングを優先したのでしょうか、真相はわかりません。
ただ、あくまでも極わずかな違いですので、
新旧を並べて比べてみなければ気付かない程度のことで欠陥ではありません。

新型 Fire HD 10(2019)の画面で本のページがきれいに映り
快適に読書できることは間違いありません。

「【比較】Fire HD 10(2017)旧型(Fire HD 10(2019)でkindle本を読んでみた)」動画はこちら

【比較】Kindle Paperwhite(2018)

Kindle本【比較】Kindle Paperwhite(2018)・Fire HD 10(2019)
Kindle Paperwhite(2018)でkindle本を読んで比較。
2020年1月現在、発売中の最新モデル。

Kindle Paperwhiteは6インチで小さい。
そしてe-inkの白黒になります。
よって、漫画のカラーページは白黒固定。
雑誌については読むのが不可能とは言わないまでも
Fireタブレットや紙の紙面とは印象が異なる映りになります。
画面が小さいことよりも白黒であることのマイナス面が否めない。
Kindle Paperwhiteは雑誌を読むには向いていません。

最大の違いとなるとKindle Paperwhiteでは、
ページをめくると白黒反転の画面リフレッシュします。
活字本ではそれほど気になりませんが、漫画や雑誌の場合は明らか。
この辺りも動画で確認いただけますのでご覧いただければと思います。

Kindle Paperwhiteはページめくり及び全般的に動作が速くはありません。
それがストレスになりがちですが、何故使うのかと言えば、
目に優しいというメリットがあるから。

ただ、FireタブレットにはBlue Shadeという機能がありますので、
活用すれば少しは目への負担を少なくできます。

あとは好みの問題と言えるでしょう。

「【比較】Kindle Paperwhite(2018)(Fire HD 10(2019)でkindle本を読んでみた)」動画はこちら

関連記事)
Kindle Paperwhite(2018)【購入】第10世代┃レビュー

【比較】スマホ(Kindleアプリ)

Kindle本【比較】スマホ(Kindleアプリ)・Fire HD 10(2019)
スマホのKindleアプリでkindle本を読んで比較。

今回使ったスマホは、
ZenFone Max Pro (M1) (ZB602KL)でAndroid 9。
画面は6インチ ワイド。
Google Playにある「Kindleアプリ」をダウンロード、インストールしてあります。

さすがにこれだけ端末の大きさに差がありますと完全に別物。
ただ、活字本ですと、意外にスマホでも普通に読めるものです。

ところで、YouTubeのコメント欄にて「漫画を読むなら
Fire HD 10とFire HD 8のどちらがおすすめか」というご質問をいただきました。
圧倒的にFire HD 10なのですが、持ち歩いたり、外出先で多用するなら、
小さく軽く目立ち過ぎないFire HD 8のほうがよいかもしれません。
なお、筆者の活用法としましては、家や職場ではFire HD 10を使い、
電車の中など外出先ではスマホのKindleアプリで読んでいます。
(Kindle Paperwhite は寝る前と旅行など外出先の両方)
この使い方でKindleアプリも重宝するものです。

「【比較】スマホ(Kindleアプリ)(Fire HD 10(2019)でkindle本を読んでみた)」動画はこちら

AmazonのKindle電子書籍で本を読む

電子書籍の対象本が読み放題
Kindle Unlimited 無料体験はこちら

Prime Reading 本読み放題含む
プライム会員 無料体験はこちら

Amazonの聴く本、朗読本。
Audible(オーディブル)無料体験はこちら

関連記事

Fire HD 10(2019)プライムビデオを見てみた【レビュー】
FireタブレットのAlexaでKindle本を読み上げる
Kindle雑誌で【比較】iPad4 vs Fire HD 10(2017)
Kindleコミックで【比較】iPad4 vs Fire HD 10(2017)
Kindle Unlimited の使い方、本の探し方をFire HD 10タブレットで解説
Fire HD 10(2019)【初期設定】便利な使い方(Fire OS 7)
Fire HD 10 タブレット購入【10インチ】2019年新型
Fire HD 10【レビュー】2019年新型タブレット(10インチ・第9世代)
Fire 7(2019)初期設定┃買ったらはじめに確認したいこと(Fire OS 6)
2019年モデル【Fireタブレット】まとめ