Fire HD 8(2018)でUSBマウス・キーボードを使う




Fire HD 8 タブレット(第8世代・2018年発売モデル・Fire OS 6)で
USBマウス、USBキーボードなど、USB機器が使えることを確認しました。
(動画あり)
[公開日時: 2019年1月12日]

動画解説

【動画】Fire HD 8(2018)でUSB機器を使ってみた。キーボード・マウス・フラッシュメモリ

FireタブレットのUSBホスト機能

Fire HD 8(2018)にはUSBホスト機能があるので、
USB機器が使える。

(2014年モデル以降のFireタブレットから
USBホスト機能をサポートするようになっています。)

USBホストケーブルが必要(OTGケーブル)

但し、USBホストケーブル(OTGケーブル)が必要です。

Fire HD 8 タブレットに付属はしていませんので、
別売りで買ってください。
既にお持ちであれば、そのUSBホストケーブルをお使いください。

USBホストケーブルは、
[USBマイクロB オス]と[USB標準 メス]のケーブル。

マイクロBをFireタブレットに接続し、
もう一方にUSB機器を接続する。

USBホストケーブルをAmazonで探すならこちら[パソコン周辺機器]

USBホストケーブルをAmazonで探すならこちら[家電]

USB HUB(ハブ)経由で複数同時使用

USB HUB(ハブ)を使えば、複数のUSB機器が同時に使える。

例えば、USBマウスとUSBキーボードを同時に使う。

USBマウス

Fire HD 8(2018)でUSBマウス使える。
FireHD8(2018)でUSBマウス使用
USBホストケーブルに接続するだけですぐ使えるので、
事前に特別な設定は必要ありません。

タップ操作をマウスのクリックで代用できる。

ドラッグアンドドロップでスライド操作やスワイプ操作
も代用できる。

マウスのホイールも機能して使える。

パソコンのようにFireタブレットを使えるので便利。

ホーム画面、アプリ起動、メニュー選択などの
全般的な操作から、
ゲームをプレイ、電子書籍kindleの活字本読み、
kindleコミック読みなどをマウスで操作できる。

但し、kindle本でハイライトを引いたり、
コミックを拡大表示などはできないようです。

USBキーボード

Fire HD 8(2018)でUSBキーボード使える。
FireHD8(2018)でUSBマウス・キーボード(HUB経由)
USBホストケーブルに接続するだけですぐ使えるので、
事前に特別な設定は必要ありません。

文字入力、矢印での移動などに使える。

ソフトキーボード入力やフリック入力が苦手な方は、
物理キーボードを使ってみてはいかがでしょうか。

パソコンのようにFireタブレットを使えるので便利。

USBフラッシュメモリ

Fire HD 8(2018)でUSBフラッシュメモリ使える。

記憶媒体としてはマイクロSDカードを使えますので、
USBフラッシュメモリを使うことはほとんどないかもしれません。

それでもUSBフラッシュメモリにお好みのファイルを
保存している方もいらっしゃるでしょうし、
パソコンからファイルをコピーする手段にしてもよいでしょう。

USBフラッシュメモリの使い方ですが、
USBホストケーブルに接続するだけで認識します。

使用中、認識中は左上にメディアを接続しているアイコンが表示。

画面上からスワイプダウンしてクイック設定を出しますと、
認識中のメディアの表示があり、
そのメディア名をタップするか、
左下[検出]をタップすると、
メディアの中のフォルダーやファイル一覧が表示されますので、
そこからファイルを開くことができます。

使い終わったら、安全にとりはずすため、
同じくクイック設定にあるメディア名の右下、
[マウント解除]をタップ。
その後で、USBフラッシュメモリを物理的にとりはずしてください。

動画解説

【動画】「Fire HD 8(2018)でUSBフラッシュメモリの使い方(安全な取り外し方)」

関連記事

Fire HD 8(2018)でBluetoothマウス・キーボードを使う
Fire HD 8(2018)初期設定┃買ったらはじめに確認したいこと(Fire OS 6)
Fire HD 8(2018)でマイクロSDカードの使い方。内部ストレージ化でアプリをカードに保存する
Fire HD 8(2018)カメラ【使い方】設定変更して写真と動画を撮影する(Fire OS 6)
Fire HD 8【レビュー】2018年新型タブレット
Fire HD 8 タブレット購入【8インチ】2018年新型
2018年モデル【Fireタブレット】まとめ