Fire HD 8 Plus【レビュー】2020年新型タブレット(8インチ・第10世代)




Fire HD 8 Plus タブレットは、2020年6月3日にAmazonから発売された
8インチのタブレット端末。

2020年新型モデルであり、シリーズ第10世代の端末。

端末の仕様や装備の紹介などレビューします。
(動画あり)
Fire HD 8 Plus(2020・第10世代)
ファーストインプレッションおよび、
管理人は前モデルの旧型 Fire HD 8(2018)や
Fire 7(2019)や Fire HD 10(2019)なども所有していますので、
それらとの比較も意識しつつご紹介していきます。

[公開日時:2020年7月11日
最終更新:2020年7月13日]

Fire HD 8 Plus タブレット 32GB 【ワイヤレス充電スタンド付き】

動画 Fire HD 8 Plus(2020)装備とサイズ感【比較】Fire HD 10・Fire 7・旧型2018Fire HD 8 タブレット

【動画】「Fire HD 8 Plus(2020)装備とサイズ感【比較】Fire HD 10・Fire 7・旧型2018Fire HD 8 タブレット」

動画「Fire HD 8 Plus(2020)装備とサイズ感【比較】Fire HD 10・Fire 7・旧型2018Fire HD 8 タブレット」(YouTube)

端末の確認 Fire HD 8 Plus(第10世代)

端末の確認をしておきましょう。

[設定]
[端末オプション](下から3番目)をタップ
(端末オプションの画面になる)
「Fireタブレットのバージョン情報」の欄が、
「Fire HD 8(第10世代)」
Fireタブレットのバージョン情報(Fire HD 8 Plus(2020)
となっています。
(おそらく同時発売のFire HD 8 タブレット(2020)と同じだと思われます。)

Fire HD 8 Plusはボディーカラーがスレートの1色だけ。
裏面を見てカラーがスレート(灰色っぽい)であれば、
2020年発売の Fire HD 8 Plus タブレットで間違いありません。

Fire OS 7 搭載(Android 9 ベース)7.3.1.3

Fire HD 8 Plus(2020)の購入直後、確認しましたところ
Fire OS 7.3.1.3 でした。

Fire OS 7.3.1.3 (Fire HD 8 Plus(2020)

最新のFire OS 7が採用されています。
すなわち新型は旧型からバージョンが6→7へと上がりました。

歴代のFireタブレットの中でFire OS 7が搭載されたモデルは、
Fire HD 10(2019)に続いて2台目。

なお、Fire OS 7 とは、
Android 9 Pie をベースとしてFireタブレット用に改良された
Amazonの独自OSです。

【Fireを登録】Amazonアカウント手動でサインインする

FIREを登録(Fire HD 8 Plus(2020)

Fire HD 8 PlusをWiFiに接続しても、自動的にAmazonアカウントに紐付けられることはありませんでした。

つまりコンテンツを使うどころか見ることすらできません。
「Fireを登録」画面など、いずれかの画面で、自身のAmazonアカウントであるメールアドレス(もしくは携帯電話番号)とパスワード入力して手動でAmazonへのサインインを行いました。

Fire HD 8 Plus タブレット(2020)レビュー(第10世代)

2020年新型「Fire HD 8 Plus タブレット」のレビューをお送りします。
Fire HD 8 Plus(2020・第10世代)

購入直後の開封など前回の記事はこちら
Fire HD 8 Plus タブレット購入【8インチ】(ワイヤレス充電スタンド付き)2020年新型
発売前の公称スペック値での旧型との比較記事はこちら
2020年新型 Fire HD 8 タブレット発売。Fire HD 8 Plus と キッズモデル の全3機種を発表
旧型・2018年モデルのレビュー記事はこちら
Fire HD 8【レビュー】2018年新型タブレット

デザイン・外観

デザイン・外観が大きく変わりました。
旧型Fire HD 8(2018)に比較して長辺が短くなり、短辺が長くなった。
正方形に近づいて横が強調された格好ですので、
旧型のノッポ体形から、新型は、ずんぐりむっくりといった印象。
全体的に見ればコンパクトな感じになっています。

加えてカラーがシリーズ初登場のスレートという灰色に近い新色
ということもあり、新旧の違いが余計に感じられます。
スレートは高級感があるボディーカラー。
Fire HD 8 Plus(2020)カラー:スレート
背面はプラスチック素材で触った感じはサラサラ。
amazonロゴの掘り込みがある。
角は丸みを帯びて滑らかなデザイン。
amazonロゴですが、旧型ではアルファベットとマーク。
新型ではアルファベット表記部分が無くなり、
マークだけを大きくしたロゴに変わっています。
Fire HD 8 Plus(2020)裏面・Amazonロゴ横向き
また、ロゴの向きや正面にあるインカメラの位置が、
横画面で使う向きや位置に変更になっています。
Fire HD 8 Plus(2020)インカメラ
なお、新型Fire HD 8(2020)のボディーカラーはブラック・ブルー・ホワイトの3色ですが、サイズやデザインはFire HD 8 Plus(2020)と同一です。

サイズ(大きさ・重さ)

202 x 137 x 9.7mm
355g

旧型機2018年モデル比較で、長辺12mm短くなり、短辺9mm長くなった。
厚さ同じ。重さが14g軽くなっている。

重さを計ってみると、
実測値で354gでした、仕様より1g軽い。
Fire HD 8 Plus(2020)重さ

装備(ボタン配置・位置関係)

電源ボタン
ボリューム(音量物理ボタン)
ステレオスピーカー
マイク
2メガピクセルフロントカメラ
2メガピクセルリアカメラ
3.5 mm ステレオ ジャック
USB-C (2.0)ポート(Type-C コネクタ)
microSDカードスロット
Bluetooth

Fire HD 8 Plus(2020)裏面縦・アウトカメラ
[装備やボタンの位置関係]
裏面:中央にamazonロゴ(横向き)
上部右角にアウトカメラ。(縦向き)
ロゴの向きで横持ちになる。(カメラは左上になる)

短い辺:上部:イヤホンジャック、USB、マイク、電源ボタン、音量ボタン、
短い辺:下部:なし
長い辺:右側:スピーカー(2機)
長い辺:左側上:microSDカードスロット

表面(画面側)の長辺:ベゼル中央にインカメラ(横向き)
Fire HD 8 Plus(2020)装備、ボタンなど
旧型に比較してかなり変わりました。
以前までは縦画面で使うような設定だったようですが、
今回の新型では横画面で使うことを基本にしているようで、
裏面のAmazonロゴが横向き、カメラが左角から右角へ変更。
表面のインカメラの位置もベゼル短辺から長辺へ移動。

側面の短い辺にある操作ボタン類の並びは、電源ボタンが中央付近に移動し、
入れ替わるようにイヤホンジャックが端へ移動。

ボタンの色は本体色に合わせてスレート。

USB-C (2.0)ポート(Type-C コネクタ)

USBタイプC・9W充電アダプタ(Fire HD 8 Plus(2020)付属)

USBケーブルの端子が旧型 Fire HD 8(2018)のマイクロBから、
Type-C(タイプC)へ変更となっています。

Fire HD 10(2019)に続いて2台目、3台目の採用。
新型 Fire HD 8(2020)、Fire HD 8 Plus(2020)ともにタイプC。

Type-C コネクタおよびType-CのUSBポートは、
上下と左右が同じ形状なのが特徴。
どちらの向きでも挿入、接続できる。

ケーブルのもう一方側は標準オスのままで変化ないので、
電源アダプタは以前までのものでも流用できますし、
パソコンへのUSB接続もこれまでと同じようにできる。

但し注意点は、Type-C というと高速なUSB3.1や3.2を思い浮かべがちですが、
今回のType-C は2.0なので違う。

ワイヤレス充電

Fire HD 8 Plus(2020)と専用充電スタンド

Fire HD 8 Plus(2020)は、シリーズ初のワイヤレス充電を実現。
別売りのワイヤレス充電スタンドを使って無線での充電ができる。
ケーブルを接続することなく、スタンドに置くだけで充電される。

Fire HD 8 Plus(2020)用のワイヤレス充電スタンドがAmazonで販売されており、
Fire HD 8 Plusタブレットとのセット販売か、ワイヤレス充電スタンド単品の、
どちらかで購入する。

但し、新型 Fire HD 8(2020)はワイヤレス充電に対応していませんので注意。

すなわちFire HD 8(2020)はUSBタイプCを使った有線の充電しかできません。
Fire HD 8 Plus(2020)はUSBタイプCを使った有線のケーブル充電もしくは、
別売りのワイヤレス充電スタンドを使った無線充電、2通りの充電方法が可能。

※スタンドのレビュー記事はこちら
ワイヤレス充電スタンド【レビュー】使い方と特徴【Fire HD 8 Plus(2020)用】

サウンド・音質

Fire HD 8 Plus(2020)デュアルステレオスピーカー(Dolby Atmos)

内蔵スピーカー
デュアルステレオスピーカー
Dolby Atmos
3.5 mm ステレオ ジャック
マイク

側面の長辺、左右に分かれて1つづつ、2つのスピーカー。
横画面でインカメラを上部にして構えると上方から音が出ることになります。

Dolby Atmos の音質効果は引き継がれているので、よい音で聞くことができる♪

Fire HD 10(2019)やFire HD 8(2018)では1つのスピーカーが6穴でしたが、
今回の新型で7穴になっています。

Fire HD 8 Plus(2020)スピーカー、アウトカメラ

記憶容量(内部ストレージ・SDカード)

32GB(使用可能領域24.8GB)
64GB(使用可能領域55.6GB)
の内部ストレージ

1TBまでのmicro SDカード対応(別売)

内部ストレージは2種類、32GBモデルと64GBモデルがあります。

管理人は内蔵32GBモデルを買いました。
開封直後、ほぼ使っていない状態で
空き容量24.88GB/26.59GBでした。

内部ストレージ(Fire HD 8 Plus(2020)

microSDカードスロットあり。
別売りでマイクロSDカードを買えば、記憶容量を
さらに追加で1TBまで外部ストレージを拡張して増やせます。

内部ストレージ化すれば内蔵部分に一体化して内部ストレージが増大する。
(本やアプリによっては本体内にしか保存できないものもあるため、内部ストレージが多い方が使いやすい。)

旧型はマイクロSDカードが最大400GBまででしたので、
容量拡大し改善しています。
(1TB=1000GB)

※詳しく解説した記事はこちら
Fire HD 8 Plus(2020)SDカード使い方【まとめ】(入れ方・フォーマット・取り出し方・認識しない対処法)

microSDカードスロット(Fire HD 8 Plus)

画面サイズ・ディスプレイ性能

8インチの高精細タッチスクリーン
解像度1280×800(189ppi)
HDビデオ再生
IPS(面内切替型) 技術と高度な偏光フィルター搭載

ディスプレイ性能は仕様を見る限り旧型と変わりません。

処理性能(CPU・メモリ)操作感

Fire HD 8
CPU 2.0GHz クアッドコア
2GB RAM

Fire HD 8 Plus
CPU 2.0GHz クアッドコア
3GB RAM

Fire HD 8において、
旧型2018は同じクアッドコア、1.3GHz×4でメモリ 1.5GBでした。
新型2020ではクアッドコア、2.0GHz×4にメモリ 2GBと性能アップ。
Fire HD 8 Plus(2020)は、
2.0GHz×4に加えてメモリがさらにアップの3GB。

ちなみにFire HD 10(2019)は、
2.0GHz x 8にメモリ2GB。
Fire HD 8 Plus(2020)のほうがメモリには余裕があります。

WiFi

デュアルバンドwifi。
デュアルバンド802.11a、802.11b、802.11g、802.11nまたは802.11ac

旧型2018年モデルにはなかった802.11acにも対応。

Bluetooth

A2DPステレオヘッドホンに対応したBluetooth、
スピーカー、マイク、LEアクセサリー サポート

BluetoothヘッドホンやBluetoothイヤホン、
Bluetoothスピーカーなど、
Bluetoothワイヤレス接続での周辺機器が使えます。

バッテリー(使用可能時間・充電時間)

読書、ウェブ、ビデオ、音楽などで通常使用時、最大12時間。

Fire HD 8
同梱のUSB-C(2.0)ケーブル、5W充電アダプタで約5時間。

Fire HD 8 Plus
同梱のUSB-C(2.0)ケーブル、9W充電アダプタで約4時間。

旧型より使える時間が伸びました。
そして充電時間は短縮、と改善している。

Fire HD 8とFire HD 8 Plusはほぼ同じ端末ですが、
付属の電源アダプタが異なりますので、
Fire HD 8 Plusのほうが1時間速く充電できる。

加えて、Fire HD 8 Plusはワイヤレス充電スタンドでも充電できる。
さらなる高速充電が可能。USBケーブルよりもさらに1時間速く充電できる。

ワイヤレス充電スタンド(別売り)

Fire HD 8 Plus を10Wの高速ワイヤレス充電

2時間以内に80%まで充電
3時間以内にフル充電

※スタンドのレビュー記事はこちら
ワイヤレス充電スタンド【レビュー】使い方と特徴【Fire HD 8 Plus(2020)用】
Fire HD 8 Plus(2020)と専用充電スタンド

カメラ性能

2メガピクセルフロントカメラとリアカメラ、720pのHDビデオ録画

カメラ性能は旧型と同じ。

Alexa 搭載、Showモードあり

Alexaを搭載しており、
AIアシスタントのAlexa機能およびハンズフリー操作で使える。

Showモードという情報ディスプレイ表示型でも使える。

ちなみに、購入して開封直後に電源を入れても[Alexa]および[Showモード]の設定項目はありません。
WiFiに接続、サインイン、Fire OS 7.3.1.4 にすると、
Alexaのメニューが表示されるようになります。

Fire HD 8 Plus はワイヤレス充電スタンドが使えるわけですが、
横向きでワイヤレス充電スタンドに置くだけで自動的にShowモードが起動します。
(※事前に設定が必要。ワイヤレス充電スタンドのレビュー記事に解説あり。)
※動画での解説はこちら
【動画】Alexa Showモード(Fire HD 8 Plusで事前の設定と確認)・ワイヤレス充電スタンドで自動起動(YouTube)

アップデート、Fire OS 7.3.1.4

発売日に届き開封してFire OS 7.3.1.3 だったのですが、
WiFiに接続後、しばらくして自動的にソフトウェアアップデートが
ダウンロード、インストールされました。

Fire OS 7.3.1.4 となっております。

Fire OS 7.3.1.4 (Fire HD 8 Plus(2020)

まとめ Fire HD 8 Plus(2020)ミニレビュー

Fire HD 8 Plus(2020)のミニレビューとして印象や気づいた点を書いておきます。
まだファーストインプレッションになりますが、合わせて他のFireタブレットとの比較も。
Fire HD 8 Plus(2020)
開封してはじめて手にしたとき、小さいという印象でした。
それは実際に縦横比が変わってコンパクトな印象に変わったからだと後にわかりました。

スレートというボディーカラーも高級感があってよいと思います。
Fire HD 8 Plus(2020)
Amazonロゴやインカメラの位置や向きが横画面に変わったのは、
充電スタンドに乗せて充電しながらAlexaやShowモードを使う際に
横画面の向きにするからだと考えられます。
つまりAmazonとしてはそのように使ってほしいわけです。

電源ボタンの位置が変わったのは、やや使いづらい印象ですが、
恐らくは慣れの問題ですので、やがて気にならなくなるはず。

まだゲームをプレイしたり、アプリを使ったりしていませんので、
パフォーマンスの部分はわかりませんが、処理性能が上がったことは間違いありません。

旧型 Fire HD 8(2018)からの買い替え、おすすめします。
Fire HD 8(2020)は安いですが、価格もほぼ変わりませんので、
Fire HD 8 Plus(2020)を特に、おすすめします。
Fire HD 8 Plus(2020)比較、Fire HD 10(2019)・Fire HD 8(2018)・Fire 7(2019)
Fire 7(2019・販売中)は小型で軽く持ち運びやすいという点と価格が安いということだけがメリットの最下位モデル。
それ以外では全てFire HD 8(2020)やFire HD 8 Plus(2020)が上回る上位モデルとなっていますので、持ち運べるサイズ感も含めて、おすすめします。
Fire HD 8 Plus(2020)
大きい画面で映画を観たり、ゲームをプレイしたり、コミック雑誌を読むのであれば、
大画面高解像度のFire HD 10(2019・販売中)がおすすめですが、
処理性能の面ではFire HD 8 Plusも悪くありません、特にメモリは上回っています。
外出先への持ち歩きも考えているなら、Fire HD 8(2020)やFire HD 8 Plusをおすすめします。
AlexaやShowモードを多用する方には、専用ワイヤレス充電スタンドとのセットでFire HD 8 Plusをおすすめします。
Fire HD 8 Plus(2020)
最後にFire HD 8(2020)とFire HD 8 Plus(2020)の違いですが、Fire HD 8(2020)を強化した上位モデルがFire HD 8 Plus(2020)ですので、ほぼ全てが同じ。
外観やサイズも含め基本的に全く同じ。
違うのは、Fire HD 8 Plus(2020)がメモリ3GBでワイヤレス充電ができること。
付属品の電源アダプタがFire HD 8 Plus(2020)が9Wであること。
ボディーカラー、Fire HD 8(2020)が3色、Fire HD 8 Plus(2020)がスレート1色です。
価格差は2000円ですので、カラーバリエーションの希望が特になければFire HD 8 Plusのほうをおすすめします。しかも専用ワイヤレス充電スタンドとセット購入すれば、もっと便利に使えます。

※この記事の端末はこちら
Fire HD 8 Plus タブレット 32GB 【ワイヤレス充電スタンド付き】

関連記事

Fire HD 8 Plus(2020)【初期設定】便利な使い方(Fire OS 7)
プライムビデオの設定(Fire HD 8 Plus(2020)Fire OS 7.3.1.4
2020年モデル【Fireタブレット】まとめ