ユーザー辞書に単語登録(Fireタブレットの文字入力)




Fireタブレットで単語登録する方法。

ユーザー辞書の使い方について解説いたします。
(動画あり)

ユーザー辞書に単語登録とは?

単語登録の機能について。

スマホやタブレット端末、パソコンなどで、
文字入力ときには変換候補が表示されます。
これらは一般的によく使われる単語。
読みを全て入力しなくても途中で変換候補から単語を選択すればよい。

しかし変換にその単語が無ければ入力するしかない。

最近では多くの文字入力システムに、
これまで入力してきた履歴からの学習機能もありますから、
ある程度、文字入力を継続していけば自分好みの予測変換
になっていきます。

それよりも事前に、よく使う単語をあらかじめ登録しておけば、
すぐに確実に変換候補に入り、文字入力がスムーズになる。

これを実現するのが単語登録の機能。

ユーザーが自分で、好みで作る辞書のデータということで
ユーザー辞書と呼ばれます。

Fireタブレットで単語登録する方法(ユーザー辞書)

[設定]をタップ
─[キーボードと言語]をタップ
(キーボードと言語)の画面で
─[現在のキーボード設定]をタップ
(Fireキーボード設定)の画面で
─[辞書]をタップ
(辞書)の画面で[ユーザー辞書]欄の
─[日本語]をタップ
→「ユーザー辞書」の画面

「ユーザー辞書」の画面
右上)[■縦3つ]をタップして小ポップアップ
ユーザー辞書(Fireタブレット)メニューへ
─[登録]をタップ

ユーザー辞書(Fireタブレット)単語の登録

【単語登録】ポップアップ
上段)読み:読み方
下段)単語:変換候補の単語

読みは、「し」あるいは「しんじゅく」など。
単語には、「新宿駅」、「新宿三丁目」、「新宿御苑」など
と入力していく。

[OK]をタップして単語登録完了。

「ユーザー辞書」の画面に、登録済みの単語と読みが
一覧で表示されます。

最大で500件まで単語登録可能。

Fireタブレットで単語の編集・削除(ユーザー辞書)

「ユーザー辞書」の画面
編集したい単語をタップして選択する
右上)[■縦3つ]をタップして小ポップアップ
─[編集]をタップ
【単語登録】ポップアップにて編集する。

同様にして、

「ユーザー辞書」の画面
編集したい単語をタップして選択する
右上)[■縦3つ]をタップして小ポップアップ
─[削除]をタップ
(確認)
登録済みの単語を削除できる。

ユーザー辞書(Fireタブレット)単語の編集・削除

文字入力中の単語登録

文字入力中に単語登録したい場合の操作は以下の通り。

ソフトキーボード(文字入力画面)
─(左下)[文字]キーを長押し
Fireキーボードメニュー(ポップアップ)
─[単語登録 – 日本語]をタップ
【単語登録】ポップアップにて登録する。

文字入力から登録済単語一覧(編集と削除)

文字入力中に登録済の単語を確認したい、
編集や削除をしたい場合の操作は以下の通り。

ユーザー辞書(Fireタブレット)Fireキーボードメニュー

ソフトキーボード(文字入力画面)
─(左下)[文字]キーを長押し
Fireキーボードメニュー(ポップアップ)
─[各種設定]をタップ
(Fireキーボード設定)の画面で
─[辞書]をタップ
(辞書)の画面で[ユーザー辞書]欄の
─[日本語]をタップ
→「ユーザー辞書」の画面

ユーザー辞書画面には登録済単語が一覧で表示されており、
右上のメニューから編集、削除ができます。

動画

「Fireタブレットで単語登録(ユーザー辞書の使い方)」

関連記事

アンダーバーは?Fireタブレットで文字入力【記号】キーボードの使い方
フリック入力┃Fireタブレットで文字入力【テンキーボード】使い方
Fireタブレット【文字入力】キーボード設定で便利な使い方
顔文字・絵文字(*^-^*)Fireタブレットで文字入力【記号】キーボードの使い方
Fireタブレットの使い方【Fire OS 5】Fire7/FireHD8/FireHD10/FireHD6/FireHDX8.9/
ATOK 日本語入力システム(Amazonアプリ)
Kindle Fire HD 8.9文字フリック入力
Fire HD 10(2017)でBluetoothマウス・キーボードを使う
Fire HD 10(2017)でUSBマウス・キーボードを使う
Fire7(2017)でBluetoothマウス・キーボードを使う
Fire 7(2017)でUSBマウス・キーボードを使う