Fire HD 10(2021)とパソコンをUSB接続(充電・ファイル転送・MIDI・PTP)

Fire HD 10 タブレット(2021年モデル・第11世代)と
パソコンをUSB接続したときの使い方と設定変更について解説します。
(動画あり)
(Fire OS 7.3.2.2 で確認)

動画「Fireとパソコン【USB接続】Fire HD 10(2021)・Fire HD 8 Plus(2020)・Fire 7(2019)・Fire HD 10(2019)」

「Fireとパソコン【USB接続】Fire HD 10(2021)・Fire HD 8 Plus(2020)・Fire 7(2019)・Fire HD 10(2019)」

Fire HD 10(2021)とパソコンをUSB接続

Fire HD 10(2021)とパソコンをUSB接続します。
Fire HD 10(2021)にUSBケーブルを接続

付属のUSBケーブル、タイプCを Fire HD 10(2021)のUSBポートに接続。
もう一方の、USB 標準をパソコンに接続。

なお、充電用に付属の電源アダプタをUSBケーブルにつなげて使っている場合は、外してください。

充電(パソコンとUSB接続)

パソコンをUSB接続すると、Fire HD 10(2021)が充電されます。

画面には、充電中であることを表示。
「Fireは低電力充電器に接続されています。」Fire HD 10(2021)

Fireは低電力充電器に接続されています。
Fireの使用中は充電されない場合があります。
端末がスリープ状態になると充電されますが時間がかかります。
この表示は右下の「OK」をタップして閉じる。
「次回から表示しない」にチェックを入れると表示されません。

クイック設定の通知には、
「システム・このデバイスをUSBで充電中」とあります。

なお、パソコンに接続して充電する場合には、付属の電源アダプタは使いません、外してください。

ファイルのコピーなどデータ転送できない

Fire HD 10(2021)とパソコンをUSB接続すると充電状態になるだけ。

パソコンで見てみると、Windowsの「デバイスとドライブ」に Fire を認識しています。
パソコンで認識されたFire HD 10(2021)

しかし開いてみると何も見えません。
よって、ファイルのコピーなどデータ転送できない。
パソコンでFire HD 10(2021)の中身「このフォルダーは空です。」

データ転送したい場合には「USBの設定」で設定変更が必要です。
以下のように操作してください。

「USBの設定」を開く2つの方法

データ転送したい場合は、「USBの設定」で「USBの使用」を設定変更します。

「USBの設定」画面を開くには2つの方法があります。
(FireタブレットとパソコンをUSB接続した状態で操作を行ってください。)

クイック設定から開く方法。

クイック設定を開く
「システム・このデバイスをUSBで充電中」をタップ
「システム・このデバイスをUSBで充電中」Fire HD 10(2021)
(※表示が変わる)
「システム・このデバイスをUSBで充電中・
タップして他のUSBオプションを表示」をタップ
「タップして他のUSBオプションを表示」Fire HD 10(2021)

設定から開く方法。

[設定]をタップ
[接続デバイス]をタップ
[USB]をタップして開く
「接続デバイス」USB(Fire HD 10・2021)

USBの使用(USBの設定)

「USBの設定」の画面で「USBの使用」欄では、4つの選択肢からラジオボタンで選択できるようになっています。

・ファイル転送
・MIDI
・PTP
・データ転送なし

デフォルトは [データ転送なし] となっており、Fireタブレットとパソコンの間でファイルのコピーなどデータ転送はできません。

USBの設定「データ転送なし」Fire HD 10(2021)
Fireタブレットとパソコンの間でファイルのコピーなどデータ転送をしたい場合は、[ファイル転送] に設定変更してください。

「USBの使用」4つそれぞれの特徴と使い方について以下に解説します。

「ファイル転送」(USBの設定・USBの使用)

「USBの設定」の「USBの使用」を「ファイル転送」に設定すると、Fireタブレットとパソコンの間でファイルのコピーなどデータ転送できるようになります。
クイック設定の通知や接続デバイスでの表示が変わります。

クイック設定(通知)
「システム・メディア端末として接続されています」
「接続デバイス」
現在接続されている端末
USB
ファイル転送

パソコンで認識されたFire HD 10(2021)
パソコンでは「デバイスとドライブ」(Windows)に Fire として認識されており、開くと
内部ストレージが見えます。
Fireの内部ストレージをパソコンで見る(Fire HD 10・2021)
内部ストレージを開くと全フォルダーが表示されます。
Fireとパソコン【USB接続】Fire HD 10(2021)
フォルダーを開いたりファイルをコピーするなどして、Fireタブレットとパソコンの間でデータの転送ができます。
Fireとパソコン【USB接続】Fire HD 10(2021)

Fireタブレットのファイルをパソコンへコピーしてバックアップを取ったり、逆に、パソコンのファイルをFireタブレットにコピーして使いたい場合には、「USBの設定」をこの「ファイル転送」に設定してください。

「MIDI」(USBの設定・USBの使用)

「USBの設定」の「USBの使用」を「MIDI」は、MIDI入力、音楽に使用します。

クイック設定の通知や接続デバイスでの表示が変わります。

クイック設定(通知)
「システム・USB経由のMIDIがオンになりました」
「接続デバイス」
現在接続されている端末
USB
MIDI

パソコンでは「デバイスとドライブ」に Fire が表示されませんでした。

「PTP」(USBの設定・USBの使用)

「USBの設定」の「USBの使用」を「PTP」は、写真転送に使用します。
USBの設定「PTP」Fire HD 10(2021)

PTP とは、Picture Transfer Protocol(画像転送プロトコル)の略。

クイック設定の通知や接続デバイスでの表示が変わります。

クイック設定(通知)
「システム・カメラとして接続されています」
「接続デバイス」
現在接続されている端末
USB
PTP

パソコン見てみると、Fireが「MTP USBデバイス」となっています。
「MTP USB デバイス」USB設定「PTP」

MTP とは、Media Transfer Protocol(メディア転送プロトコル)の略。

他の端末、Fire HD 8 Plus(2020・第10世代)、Fire 7(2019・第9世代)、Fire HD 10(2019・第9世代)でもPTP設定にしてパソコンで見てみたところ、Fireがカメラのアイコンになっていました。
カメラとして認識されているのです。
パソコンで認識されたFireがカメラのアイコンになっている

開いてみると、「内部ストレージ」が見えます。
「内部ストレージ」を開くと、「DCIMフォルダー」と、「Pictureフォルダー」の2つだけが表示。
すなわち、画像ファイルのあるフォルダーだけを操作できることになります。
Fireの「DCIMフォルダー」と「Picturesフォルダー」

Fireで撮影した写真をパソコンにコピーしたいときは、USBの設定で、この [PTP] を選択するとよいでしょう。

(USBの設定 [ファイル転送] では全ファイルにアクセスできますので、[ファイル転送] でも写真のコピーはできます。)

「データ転送なし」(USBの設定・USBの使用)

FireタブレットとパソコンをUSB接続したときのデフォルト設定が「データ転送なし」。

クイック設定の通知や接続デバイスでの表示は次の通り。

クイック設定(通知)
「システム・このデバイスをUSBで充電中」
「接続デバイス」
現在接続されている端末
USB
このデバイスを充電中

パソコンではFireを認識していますが、開いてみると何も見えません。
Windowsでは「このフォルダは空です」となり、フォルダやファイルが操作できないのでデータ転送はできません。

関連記事

Fire 7(2019)でUSBマウス・キーボードを使う
Fire HD 10(2021)【初期設定】便利な使い方(Fire OS 7)
【ニ画面】Fire HD 10(2021)で画面を分割して2つのアプリを表示する方法
Fire HD 10(オリーブ)購入。2021年新型タブレット+Bluetoothキーボード付きカバー
Fire HD 10【レビュー】2021年新型タブレット(10.1インチ・第11世代)
Bluetoothキーボード付きカバー【レビュー】使い方と特徴【Fire HD 10(2021)用】
2021年モデル【Fireタブレット】まとめ
Fireタブレットに写真動画音楽ファイル転送。Kindle fire HD 8.9(2013)取り込み例

関連記事(Android)

Android【USB接続】PCに内部ストレージ表示されないなら「ファイル転送」へ設定変更