「Amazon ブラックフライデー」(2021)【開催中】

Fireタブレットに写真動画音楽ファイル転送。Kindle Fire HD 8.9(2013)取り込み例

パソコンの中にあるファイルをFireタブレットへ転送することができます。
転送すれば自分が持っている写真・動画・音楽などをFireタブレットで再生して楽しめる。

この記事では、Kindle Fire HD 8.9(2013)でのファイル取り込み例をご紹介。

※新しい関連記事はこちら(2021年4月17日公開)
Fire HD 8 PlusをPC接続。パソコンが認識しないときはUSBの設定をファイル転送へ変更する

(この記事は2013年に公開した内容です


(※以下は、2013年3月当時の端末やOSにおける操作方法での解説となります)


Kindle Fire HD 8.9(2013)に写真動画音楽を入れる

Kindle Fire HD 8.9(2013)に写真動画音楽を入れる方法をご紹介します。

【USB接続】

付属のMicro-USBケーブルでKindle Fire HD 8.9とパソコンを接続する。
ロックは解除しておく。

パソコン上では「Kindle」と認識される。
「Kindle」をクリックして開く
1_1
─「Internal storage」をクリックして開く
1_2
(フォルダーが一覧で表示)
─「Music」「Pictures」「Documents」「Movies」「Books」「Download」
2_2
適当なフォルダを開いてファイルをコピーすればよい。

<転送できるファイルの種類(Amazon公式から)>
ドキュメント:AZW, TXT,PDF, MOBI, PRC, DOC, DOCX, HTM, HTML
音楽ファイル: MP3, Non-DRM AAC (.m4a), MIDI, OGG, WAV
画像: JPEG, GIF, PNG, BMP
ビデオ:MP4

CDの曲をiTunesで取り込んだファイルや、iTunesストアでダウンロード購入した曲のファイルもコピーすれば再生可能
.m4aや.mp3など問題なくKindle Fire HD 8.9で聞ける。
(但しDRM(デジタル著作権管理)フリーのファイルであること。例.m4pはダメ)

Kindle Fire HD 8.9にコピーすると、表示させるメニューが自動的に認識される。
音楽は「ミュージック」、写真は「写真(端末内)」、動画は「ビデオ」「写真」
PDF・Word・Excel・テキストなどは「ドキュメント(端末内)」
から開いて確認できる。

※後日追記補足(2013年12月)
パソコンからコピーした動画は、端末内メニュー「写真」から見るように変わりました。
(「ビデオ」=Amazonインスタント・ビデオになったため)

【無線共有】

無線でパソコンとファイルをやりとりする方法は別記事参照。

関連記事
Kindle fire HD 8.9でESファイルエクスプローラー
Kindle fire HD 8.9でWiFiファイルエクスプローラ


【クラウド】

パソコンなどからクラウドに写真・動画・音楽ファイルをアップロードしておけば、必要なときにファイルをKindle Fire HD 8.9にダウンロードできる。

AmazonでもAmazon Drive(旧:Cloud Drive)のクラウドサービスが用意されているし、有名なところでDropboxでもいいですね。他にもクラウドサービスとしては、「Googleドライブ」、マイクロソフトの「OneDrive」(旧:SkyDrive)などがあります。

それぞれアプリをAmazonアプリストアからタブレット端末にダウンロードして使うわけですが、Amazon Driveが最も相性がよく使いやすいかもしれません。

関連記事

Kindle本をパソコンから転送する[ダウンロードしてUSB経由で転送]か[PC経由で転送]を使う
写真の編集 Fire HD 8 Plus(2020)保存先と削除
スクリーンショットの撮り方 Fire HD 8 Plus(2020)保存先と編集・削除
Fire HD 8 Plus(2020)Amazon Photosで写真を閲覧して壁紙やShowモードの背景に設定する。自動保存も可能
Showモードの背景を設定変更してカスタマイズする・Fire HD 8 Plus(2020)