Fire 7(2022)セキュリティとプライバシー

Fire 7 タブレット(2022)で、「セキュリティとプライバシー」設定について解説します。
(Fire OS 8.3.1.1 で確認)

セキュリティとプライバシー

セキュリティとプライバシーの設定として、「ロック画面」と「プライバシー」がある。

第三者にFireタブレットを悪用されないため、端末上の情報を保護するため、あるいは情報を提供するかしないかを設定します。

ロック画面

ロック画面についての設定。

ロック画面のパスワード

端末にロックを設定するセキュリティ対策。
パスワードを知らない第三者は使えなくなる。

セットアップで「ロック画面を設定」をした方は設定不要です。
セットアップ時に[後で]とした方はすぐに設定しておきましょう。
[設定]
[セキュリティとプライバシー]
設定「セキュリティとプライバシー」(Fire 7(2022)
(「セキュリティとプライバシー」の画面になる)
[ロック画面のパスワード] ONにする
「ロック画面のパスワード」Fire7(2022)初期設定
PINまたはパスワードを決めて入力する
PIN:数字4桁以上
パスワード:英数字4文字以上

パスワードを変更する場合はこちら。

[設定]
[セキュリティとプライバシー]
(「セキュリティとプライバシー」の画面になる)
[パスワードを変更]をタップ
(画面が変わる)
現在のPIN(パスワード)を入力
(画面が変わる)
新しいPINまたはパスワードを決めて入力する

自動的にロック

画面がスリープ状態になった後、ロックするまでの時間の設定。

[設定]
[セキュリティとプライバシー]
設定「セキュリティとプライバシー」(Fire 7(2022)
(「セキュリティとプライバシー」の画面になる)
[自動的にロック]をタップ
「自動的にロック」Fire7(2022)初期設定
(ポップアップ表示)
「直・5秒・15秒・30秒・1分・2分・5分・10分・30分」から
ラジオボタンをタップして選択
「自動的にロック」Fire7(2022)初期設定

デバイスダッシュボード

デバイスダッシュボードのショートカットを管理します。

ロック画面からデバイスダッシュボードを表示および制御できるようにします。
[設定]
[セキュリティとプライバシー]
(「セキュリティとプライバシー」の画面になる)
[デバイスダッシュボード]をタップ
(「デバイスダッシュボード」の画面になる)
[ロック画面からデバイスダッシュボードにアクセス]
ON/OFF
デフォルトではOFFになっています。

Fireタブレットのデバイスダッシュボードでは、Alexaに接続済みのスマートホーム製品を表示および使用できます。

対応するスマートデバイスの種類:
・照明
・プラグ
・スイッチ
・サーモスタット
・カメラ

プライバシー

プライバシーについての設定。
提供する情報や、知られたくない情報を制御します。

位置情報サービス

サードパーティのアプリまたはウェブサイトにwifiで位置情報を公開する。
[設定]
[セキュリティとプライバシー]
(「セキュリティとプライバシー」の画面になる)
[位置情報サービス]をタップ
(「位置情報サービス」の画面になる)
・[位置情報サービス]ON/OFF
最近の位置情報要求
>すべて表示
マップその他のアプリとAmazonに現在地と関連情報の使用を許可する。
デフォルトではONになっています。
位置情報を提供しています。
FireタブレットにGPSはありません。
接続しているWiFiから推定し位置情報を取得しますので、GPSほど正確な位置情報ではないと言えます。

不明ソースからのアプリ

アプリストア以外から入手したアプリのインストールを許可する
[設定]
[セキュリティとプライバシー]
(「セキュリティとプライバシー」の画面になる)
[不明ソースからのアプリ]をタップ
(「提供元不明のアプリをインストール」の画面になる)
アプリ名をタップして画面を開く。
[このアプリ提供元を許可]ON/OFF

アプリの固定

特定のアプリだけを使えるように、アプリを固定します。

他の操作ができなくなるので、機能制限にもなります。

認証情報ストレージ

VPNと企業wifiアクセスで一般的に使用されるデジタル証明書を表示、保存する
VPN(Virtual Private Network)とは、仮想の専用回線のこと。
デジタル証明書とは所有者の証明書。なりすましや改ざんを防ぐ。
一般的な使用では設定の必要はありません。

端末管理者

このFireで端末管理者として認証されたアプリを表示する

暗号化

端末を暗号化することでセキュリティを高めます。

Fireの内部ストレージを暗号化する
[設定]
[セキュリティとプライバシー]
(「セキュリティとプライバシー」の画面になる)
[暗号化]をタップ
(「タブレットの暗号化」の画面になる)
[続行]
内部ストレージを暗号化すると、Fireの電源を入れるたびにロック画面でメインユーザーのPIN/パスワード入力が要求されます。
暗号化の実行後
・処理速度が遅くなる可能性
・アプリが動作しない可能性
・解除するには初期化しかない
暗号化する前に、バックアップ保存しておくことが推奨されます。
暗号化処理の開始には、電源に接続され、バッテリー80%以上が必要。
暗号化処理には時間がかかるので、処理中は待つことになる。
必ずしも暗号化する必要はありません。暗号化しなくても安全に使える。
管理人はFireタブレットを暗号化しないで使っています。

デバイス使用状況のデータ

デバイスのオペレーティングシステムで収集された個人情報をマーケティングと製品の改善を目的として使用します。
デフォルトではONになっています、情報を提供している状態。
情報提供したくない場合、ページを開いてから、スイッチアイコンをOFFにします

アプリの使用状況データを収集

ダウンロードしたアプリの使用頻度と使用時間の情報収集をアプリストアに許可する
デフォルトではONになっています、情報を提供している状態。
情報提供したくない場合、スイッチアイコンをOFFにします。

広告ID

広告IDと行動ターゲッティング広告を管理する
アプリが広告IDを使用してプロフィールを作成したり行動ターゲッティング広告を表示することを許可する
デフォルトではONになっています、情報を提供している状態。
情報提供したくない場合、ページを開いてから、スイッチアイコンをOFFにします。
関連記事

Fire 7(2022)【初期設定】便利な使い方(Fire OS 8)
Fire 7(2022)ディスプレイの設定(明るさ・壁紙・Blue Shade・スリープ・ダークテーマ)
Fire 7(2022)【Alexa】アレクサの設定と使い方
Fire 7(2022)バッテリーの設定と節約(低電力モード・Smart Suspend)
Fire 7(2022)サウンドの設定(音量・おやすみモード)
Fire 7(2022)ストレージの設定
Fire 7(2022)マイアカウントの設定
Fire 7(2022)プロフィールとファミリーライブラリの設定(子ども用プロフィール作成)
Fire 7(2022)機能制限の設定
Fire 7【レビュー】2022年新型タブレット(7インチ・第12世代)
2022年【Fireタブレット】まとめ