新型Fireタブレット、3端末を発表Amazon2015年9月


Fire タブレット、Fire HD 8 タブレット、Fire HD 10 タブレット
という新型の3端末をAmazonが2015年9月18日発表しました。

日本のamazon.co.jpで発売予定日2015年9月30日、
予約受付中となっています。

※この記事は2015年9月発売のFireタブレットです。

[公開日時2015年9月18日]

追加情報 2016年9月

後継機種はこちら
2016年新型Fire HD 8 タブレット発売、Amazonの8インチ端末


Fire タブレット 8GB、ブラック 
7インチ

Fire HD 8 タブレット 8GB、ブラック 
8インチ

Fire HD 10 タブレット 16GB、ブラック
10インチ


AmazonのFire、Kindle Fireタブレットシリーズでは、
昨年の2014年11月発売のFire HDX 8.9タブレット
を最後に新発売はありませんでした。

本日発表された3端末が2015年新型モデルということになります。


現状、Amazonサイトでラインアップを見る限り、

Fire HD 6タブレット 8GB、ブラック
(6インチ)2014年型

Fire HDX 8.9タブレット (ニューモデル) 16GB
(8.9インチ)2014年型

も併売中。
今後も継続で販売されるのかもしれません。

最近まで販売していた、
2013年型Kindle Fire HDX 7(7インチ) は、ついに販売終了した模様。

昨年の7インチモデルである 2014年型Fire HD 7(7インチ)は、まだ在庫があるようで、
販売していますが、AmazonのFireタブレットページやその目次に出ていませんので、
やがて販売終了になるような気配。

よって、Amazonのタブレットラインアップは、

6/7/8/8.9/10インチの5種類となっており、
この中で性能が最高で上位機種に位置するHDXは、
唯一、Fire HDX 8.9だけ。
ほとんどが廉価版モデルで占められました。

サイズとして、8インチと10インチは過去に無し、2015年に初登場。

Fire HD 6タブレット 6インチ 2014年型

Fire タブレット 7インチ【新型】

Fire HD 8 タブレット 8インチ【新型】

Fire HDX 8.9タブレット 8.9インチ 2014年型

Fire HD 10 タブレット 10インチ【新型】


今回、高級機であるHDXシリーズは、発表されていません。
2013年から投入され、2014年モデルへ継承されました。

今年2015年新型HDX機の発売は、この後あるのかないのか、
不明です。(昨年のスケジュールから考えて可能性は低め)

しかも新型が3種類発表されるというのは昨年と合致。
(2014年新型:Fire HD 6、Fire HD 7、Fire HDX 8.9だった)


<感想>
Amazonのタブレットについて50ドル前後の驚異的に安い新型が出る、
さらに10インチがありそうだ、というニュースソースが
いくつかのネット情報にありましたし、新型が出てくること
自体は普通のことですが、突然の発表で少々驚きました。

間違いなく、今月から開始予定のAmazonビデオ、それは
プライム会員なら映画ドラマが見放題である、という
新サービスと掛け合わせてお祭り状態を狙っているのでしょう。
タブレットでAmazonビデオ見れますから相性は抜群。

では、肝心のどのような新製品になったのか?について。
まだ発売前ですのでAmazonのサイト上のページやスペック情報
からわかることを、さらっと書いておきたいと思います。

まず事前情報にあった異常に安いモデルとは7インチのFireタブレット
のことでしょう。8980円でも安いですが、プライム会員なら
キャンペーンで4980円で買えるという、驚異の安さ。

各モデルには、新 Fire OS 5「Bellini」が搭載。
Android 5.0(Lollipop)をベースにしたAmazon独自の2015年新OS。

それでなかなか気づかないと思うのですけれど、
Amazonの商品画像を見て目を疑ってください。
わかりますでしょうか?
そうです、ホーム画面がAndroidみたいなアプリの並びになってる。
これが本当ならば、例のドデカイ、アプリアイコンが横にクルクル回る
スライダーが今年から廃止されたのかもしれません。

それからmicroSDカードのスロットが、この2015年モデルから初めて装備された。
別売りになりますがmicroSDカードの128GBまで対応、Fireタブレットへ装着し使える。
Amazonの説明ページによれば新サービスの映画もカード内へダウンロードできる
ような記載があります、できるなら凄い。

USBは、これまで通りタブレットで一般的なマイクロB タイプのポート。
主に充電に使うわけですが、昨年モデルでマウス、キーボード、フラッシュメモリなども
使えましたので、2015年新型もおそらく使えると予想。

HDMIポートは無いようですが、スリムポート対応となっていますので、
別売りのケーブルを用意すれば、[USBマイクロB コネクタ→変換ケーブル→HDMIケーブル]で
他ディスプレイ等へ有線接続できるのでしょう。(Amazonから記述が削除)
もしくはMiracast対応なので無線接続でも大画面テレビ等へ映せる。

Bluetoothは当然装備。

WiFiも最新802.11ac対応した。

さりげなくカラーバリエーションが増えてる。
オレンジ、パープル(Fire HD 8)

しかし最安モデルFireタブレット(2015、7インチ)には無いものが。
WiFiシングルバンド、カメラ200万画素、ストレージ8GBタイプのみ、
モノラルスピーカー、CPUも低く、色もブラックのみ、Miracastなし。
そもそもHDでは無い、1024 x 600 (171 ppi)解像度低い、
このことから単なる「Fireタブレット」という名称。
驚くべき安さには訳があったというべきか、値段相応か。

ですが、Amazonのタブレットはかなりチューニングされていて、
スペックよりもサクサク動いて画面がきれいという傾向が
ありますので、期待は残るでしょう。

あとはMaydayスクリーンシェアと書いてありますので、
全モデルMaydayサポート(タブレットからチャット対応でサポート)
できるようになったのかもしれません。

Fire HD 8やFire HD 10もサイズから他社タブレット比較で言えば
驚異的に安いうえ、軽くて薄い。これで処理速度に問題なく、
画面がきれいであれば、何気に素晴らしい端末の可能性あり。


<まとめ>
廉価版、スペック維持でラインアップされるAmazonタブレット
ということになりましたが、それを反映してどれも安い。

スペックは昨年のFire HD 6と同等のようですので、
スムーズにサクサク動く端末だと予想されます。

最安値のFireタブレット(7インチ)は、さらに装備を
削り落としてますので、どのくらい満足できるかは未知数。

確実に進化しているAmazonのタブレット。
しかも大安売りでみなさんの購買力を煽ってきます。(^^;)

発売開始2015年9月30日を楽しみに待ちましょう♪
確実に手に入れるには予約することです。(^o^)/

Fire タブレット 8GB、ブラック
プライム会員なら8980円→4980円
発売予定日2015年9月30日

Fire HD 8 タブレット 8GB、ブラック
薄くて軽い8インチのタブレット
発売予定日2015年9月30日(ブルー8GB:10月4日、ブルー16GB:10月8日)

Fire HD 10 タブレット 16GB、ブラック
薄くて軽い10インチの大型タブレット
発売予定日ブラック2015年9月30日、ホワイト10月30日

関連記事

Fire タブレット(2015)7型は買いか?【発売前予想】
Fire HD 8 タブレットは買いか?【発売前予想】
Fire HD 10 タブレットは買いか?【発売前予想】
Fireタブレット【比較】2015年新型モデル

買いました、レビュー記事はこちら。
Fire HD 8 タブレット購入、2015年初代モデル
Fireタブレット購入【7インチ】2015年新型