Splashtop Remote Desktop HD


Kindle Fire HD 8.9でアプリSplashtop Remote Desktop HDを使うと、
パソコンをミラーリングすることができます。

Amazonアプリストア人気タイトル再び、本日無料

Windows8でやってみました。

設定は簡単、備忘録と参考に。


<使用環境>

app store(iOS)、Google playにもありますので、iPadやNexus7などAndroidタブレットでも使用できます。


<設定方法>

1)
Kindle Fire HD 8.9にて、
Amazonアプリストアで、
Splashtop Remote Desktop HD
を購入、インストール

2)
パソコンで
「slashtop」と検索し、公式サイトへアクセス

「SPLASHTOP STREAMER」をダウンロード
.EXEファイルからインストール

3)
パソコンでSPLASHTOP STREAMER起動

[セキュリティ]タブ
「セキュリティコードが必要」
にチェック
セキュリティコードを決めて入力する
slashtop_win
4)
Kindle Fire HD 8.9にて、

Splashtop Remote Desktop HD起動

パソコンが自動発見で表示されているはずなので、タップ
slashtop_kindle1
セキュリティコードを要求されるので、先のPW入力
slashtop_kindle2
5)
接続、完了


<補足>

アカウントを作成し、インターネット経由にすると、動作速度は遅くなるようですが、
外出先からもアクセスできるようです。


<感想>

比較的簡単な設定でパソコンのミラーリングに成功しました。

ちなみにKindle Fire HD 8.9にもマウスカーソルが表示され、タブレットからパソコンの操作も可能。
(パソコンも通常通り操作可能)
Kindle Fire HD 8.9側で何ができるかと言えば、パソコンでできること全て。

要はパソコンのエンジンを動かしているので、Kindle Fire HD 8.9上で、
iTunesの曲を再生させながらYoutubeも立ち上げつつYahooニュースを読むとか、
動画や写真を編集するとか、何でもできます。(そもそもWindowsになってますし。)

しかし画面はミニマム化し、操作はできるというだけで、しやすいわけではありません。
そう考えますと、あまり実用向きではなく、Amazonアプリストア697円の価値があるかは微妙なところ。

あるとすれば、DVDディスク再生、通常再生できない.iso動画ファイルなんかもKindle Fire HD 8.9で
観れることくらいが事実上の使い道になるでしょうか、これは便利と言えば便利。

気になる点としては、しばらく使っていると全体的に動作や接続が不安定になる傾向があったような気がします。

面白半分?遊び半分?な感じで試しに導入するくらいがよいかもしれません。
必ずしも全員に必要あるものとは考えにくいと言ったところでしょうか。

以前の記事)
Kindle fire HD 8.9でESファイルエクスプローラー
Kindle fire HD 8.9でWiFiファイルエクスプローラ