Kindle FireタブレットでGooglePlayアプリを使う方法


Kindle FireタブレットでGooglePlayアプリを使う、
すなわちAmazonアプリストアに無いアプリを使う方法。

Kindle Fire HD、Kindle Fire HDX、新旧、全て共通。
(Fireタブレットも同じ)

なんとなく難解な印象もありますが、理解できれば簡単です。
以下、設定方法。

方法はいくつかあるようですが、自分がやった方法をご紹介。

GooglePlayアプリが使える?

その前に、前提のお話。

Kindle FireタブレットシリーズはAmazonの独自OS、Fire OSですが、
このOSはAndroidをベースで開発されているので、
Androidアプリ(=GooglePlayアプリ)が使えて理論的におかしくはありません。
(※但し全てのアプリは無理。
Kindle Fireタブレットでは、使えないGooglePlayアプリも多数あります)

今回の方法は、
Kindle Fireタブレット以外のAndorid端末から → Kindle Fireタブレットへ
アプリをコピーします。

※本記事の内容に連動した完全解説の【動画】を作成しました
記事最下部にあります。ジャンプはこちら
【動画】「Kindle Fire タブレットでGoogle playアプリを使う方法」

事前準備

他のAndroid端末(4.0以上推奨)(例:Nexus7)
→Google Playからアプリ「ES File Explorer」をインストール。

Kindle Fireタブレット
→Amazonアプリストアからアプリ「ES File Explorer」をインストール。

(※推奨:アプリ Dropboxもインストール)

【1】バックアップファイル作成

Nexus7で「ES File Explorer」起動。
(※2014年10月更新版の解説はこちら)
アプリのバックアップ、ESファイルエクスプローラーV3.2.1

ローカル=本体内で、

画面左上タップ
esf1
→メニュー表示(スライドメニューが左端に出現する)
─ツール
─アプリマネージャ
esfile_apurim2

アプリ一覧が表示されたら、希望のアプリを長押し
その選択状態で、
─「バックアップ」(画面下ボタン)

戻ると、

[backups]フォルダ
─[apps]フォルダ

.apkというファイルが作成されているはず。
これがアプリのファイル。これをコピーすればよい。

【2】Kindle Fireタブレットへコピー

・パソコン経由
・Dropbox経由
・メール送信
(詳細は後述します)

【3】Kindle Fireタブレット設定変更

Amazonアプリストア以外からのアプリ入手インストールを許可させる。

新型:HDX等

クイック設定
─「設定」
─アプリケーション
─不明ソースからのアプリ
→「オン」にする

旧型:HDシリーズ

クイック設定
─「その他」
─「端末」
─「アプリケーションのインストールを許可」
(不明ソースを容認する)
→[オン]
(警告でるが「OK」)

(※推奨:インストール後に[オフ]に戻す)

【4】Kindle Fireタブレットでインストール

主にファイルをタップすれば、ダウンロード、自動的にインストールへと遷移していきます。

【5】インストール完了

Kindle Fireタブレットでアプリを起動し、動作確認してください。

コピーしても使えないアプリがある

※なお、全てのアプリが使えるわけではありません。
おおよそ8割程度のアプリは正常に使用できますが、いくつかのアプリは
インストールできない、あるいはインストールできても起動できませんでした。

それ以前、Nexus7の段階で、バックアップすらできないアプリもあります。
(ESファイルエクスプローラー・アプリマネージャで、「バックアップ失敗」となる。)

補足)【2】のKindle Fireタブレットへコピーについて詳細解説

<パソコン経由>
Nexus7をパソコンにUSB接続。
フォルダ[backups]─[apps]の.apkファイルをパソコンにコピーする。

Kindle FireタブレットをパソコンにUSB接続。
パソコンにある.apkファイルを適当なフォルダーにコピー。
(「download」フォルダーとか)

パソコンとの接続を解除し、
「ES File Explorer」で.apkファイルをタップすればインストール開始。

面倒かもしれませんが、最も簡単でわかりやすい方法かも。
パソコンに.apkファイルを残せばバックアップにもなります。

Dropbox経由

Nexus7の[backups]フォルダ─[apps]フォルダで
希望アプリ(.apk)を長押し→右下メニュー「共有」→「Dropboxへ追加」
これでDropboxへアップロード完了

Kindle FireタブレットのDropboxから.apkファイルをタップすれば、
ダウンロード→インストールへと自動遷移していきます。

とりあえずどのアプリもDropboxへアップしておけば、
好きなときにKindle Fireタブレットへインストールできて便利。

これらアプリは他のAndroid端末にもインストールできるわけですし、そもそもバックアップにもなってる。
という意味ではDropbox経由が一番よいかもしれません。

他のクラウドサービスでもよいと思います。

動画

※動画アップしました、完全解説です。
「Kindle Fire タブレットでGoogle playアプリを使う方法」

後日追加した補足の動画)
ES ファイルエクスプローラーがバージョンアップし、
上記の動画と操作方法が変わっていました。
バックアップ部分のみ、改めての動画解説。
「ES ファイルエクスプローラーでアプリをバックアップ」

GooglePlayアプリの活用方法を知る。「Androidアプリ大事典」