Kindle Fire HD 8.9高速化快適に


Kindle Fire HD 8.9の動作は購入したまま使うとややもっさりしている。
そこで端末全体の動作やアプリがスムーズになるよういくつかの工夫をしてみた。

結果、かなりスムーズに快適に使えるようになったので
Kindle Fire HDシリーズ所有者の参考に。

【1】再起動

再起動するのは機械ものをリセットする常套手段だが、通常タブレットは頻度低い。
その再起動を定期的に実行。

1日1回でも、3日おきでも、1週間おきでも。

もちろん動作が極端に重くなったり、誤動作が出てきたらその時点で強制再起動する。
(※これはほとんど皆無になった)

【2】メモリ解放

メモリの空き容量を増やす。
Advanced Task Managerというアプリで定期的にタスクキルしている。

Kindle fire HD 8.9でAdvanced Task Manager

なお、メモリ解放アプリは他にもいろいろあるようだ。

【3】マルチタスク

1つの動作・アプリ起動に集中させる。

例えば音楽を再生させながらWEBブラウジングしないとか。
基本的にマルチタスクできるが、絞ったほうが安定感が増す。

【4】バッテリ

バッテリ残量が少ないと動作が遅く重くなりやすい傾向。

【5】別ブラウザ

デフォルトのAmazon silkブラウザは総合的に重めな傾向にあるので、
別のブラウザを使う。

但しAmazonアプリストアに他ブラウザはほとんど無いので、
他Android端末(GooglePlay)からコピーしてもってくる。
ドルフィンブラウザ、Boat Browser、だーぱんブラウザ、
Sleipnir Mobile、Opera Mini、Firefox、
全て動作を確認。

【6】Adobe Reader

PDFをデフォルトのビューアーで開くと重い傾向があるので、
アプリAdobe Readerで閲覧する。

Kindle fire HD 8.9でAdobe Reader

まとめ Kindle Fire HD 8.9高速化快適に

他にも方法がありそうですが、上記だけでもかなり変わります。

特に有効だったのは【2】、おそらく効いてるのは【1】その次に【3】。

インターネット閲覧はブラウザで相当変わりました、起動・ページ遷移ともに明らかな高速化を実現。
自分は主にドルフィンを使っています。

メモリ解放、ブラウザ、PDFなどアプリによっても処理速度変わるのでいろいろ探して試してみるのもよいかもしれません。

意識しておけばKindle Fire HD 8.9は常時快適に動くタブレットです。^^

関連記事

Kindle Fire HD 8.9の使い方
2012年モデル【Kindle Fire HD 8.9】
Kindle Fire HD 8.9バッテリー長持ちのヒント
Kindle Fire HDフリーズ・動作不良トラブル対処法
Kindle Fire HD 8.9コンテンツのトラブル対処
Kindle Fire HD 8.9空き容量が少なくなっています
Kindle Fire HD 8.9初期化の方法