Kindle Fire HDX 8.9がFire OS 4.0にアップデート


Kindle Fire HDX 8.9(2013)(昨年2013年11月末 日本発売モデル)
がFire OS 3から、Fire OS 4「Sangria」へ自動アップデートされました。

Amazonからの予告通り。

(動画を追加しました)


強制・自動で突然アップデートされますので、気づかずに
終わっているかもしれません。

見た目はさほど変わらないものの、細かなところが違うので、
あれ?と思う人も少なくないかもしれません。

既に今年の新型Amazonタブレットを購入していればすぐにわかると思いますが、
ロック解除画面から少し違いますし、ホーム画面のアイコン表示が
小さくなっている。ゲームも全画面になります。


<バージョン確認>

通知Fire OS 4「Sangria」にアップデート

具体的な確認方法としましては、直後であれば通知バーに、
(ホーム上から下へスワイプ)
お知らせ「システムアップデート端末が4にアップデートされました」
などと表示されているはず。(タップするとさらに詳しい情報)

あるいは、

[設定]
─[端末オプション]
─[システムアップデート]をタップ
→この端末はFire OS 4を実行中です

OSが4以上であれば、最新OS「Sangria」。

システムFire OS 4「Sangria」


自分のKindle Fire HDX 8.9(2013)では、Fire OS 4.1.1
となっています。

設定やアプリも全て引き継がれているようで、そのまま残されおり、
今のところアップデート以前と同様に使えています。

(アプリがOS4に未対応のものは使えなくなっている可能性が
あります、やや注意)


<Fire OS 4.1.1 新機能>

Officeドキュメント「Kingsoft WPS Office」標準搭載
閲覧・編集・作成が可能。ドキュメントは自動的にCloud Driveにバックアップ。

バッテリーの管理
「SmartSuspend機能」搭載。どの時間帯に端末を使わないか学習、
自動的にWiFiを切り電力を節約する
デフォルトでONなので、設定変更は[設定]─「消費電力管理」へ。

天気アプリ
1時間ごと、1日ごとの天気

全画面モード
アプリやゲームで全画面モード

バックアップと復元
あらゆる端末内の設定やブックマークに関する情報をクラウドに無料で
バックアップできる。端末を壊したり紛失したときへの対策。
有効にするには、[設定]─[端末オプション]─[バックアップと復元]へ。

Fire OS 4.1.1「Sangria」内容
(Fire OS 4.1.1リリースノート。タブレットから転載、クリックで拡大)

※動画アップ


補足1)
Fire OS 4.1.1へアップデートされたのは2014年11月13日。
ここまで細かなマイナーバージョンアップを重ねてきましたが、
発売から1年してメジャーアップデート。

Amazonのタブレットシリーズでは、発売後、翌年の大型アップデート
は適用しないことが定番でしたが、今年はその前例が覆された格好。

に、しても、予告が2014年10月9日夜で、間もなくアップデート適用という
表現でしたから、忘れられたの?中止?と焦りましたが、(^-^;
1か月以上待ってようやく実行されました。(細かいバグが修正されていたのかも
しれませんが。4.0ではなく4.1.1ですし)


補足2)
当然のことですが、先日発売2014年の新型8.9インチ=Fire HDX 8.9も、
先行して発売されたFire HD 6タブレット、Fire HD 7タブレットも
2014年発売のAmazonタブレットは最新Fire OS 4「Sangria」です。

関連記事

Fire OS 3.0→4.0無料アップデートの予告
Fire HDX 8.9発売、2014年Amazon新型タブレット
Amazon2014新型Fireタブレット発表