Fire HD 8 タブレットを1か月使った感想


Fire HD 8タブレットを使用して1か月になりましたので、
使った感想・レビュー。

※この記事は2015年9月発売モデルのFire HD 8です。

[公開日時2015年11月3日 最終更新2016/09/09]

追加情報 2016年9月

2016年新型Fire HD 8 タブレット発売、Amazonの8インチ端末


この1か月間でFire HD 8タブレット問題なく動作しました。
基本的に快適であり、アプリが落ちたことは1度くらい
あったかもしれませんが、トラブルやブリーズは、
ほぼ皆無でした。

いくつか動画を公開しておりますが、この通りスムーズに
操作できる端末だと言い切れます。

クアッドコアCPUとメモリ1GBというのは歴代のKindle Fire
やFireタブレットからパワーアップしており、
Amazonのタブレット開発の歴史と合わせて、新型Fire OS 5が
快適であり、きちんとチューニングされて完成度が高いと改めて実感。


低めの解像度については慣れました。
入手した直後ほど不満な感じもせず、普通に使っています。

高解像度のKindle Fire HDX 8.9を多用していた時期に比較して、
意図的に使いこんだことでFire HD 8の使用時間数が増えたこと
も関係しているかもしれません。

そういったこともありながら、まず映画=Amazonプライムビデオ
を観ているときにはあまりというかほとんど気にならない、
というよりも正確にはわからない感じで、むしろきれいに映る。

ゲームもやや大味なまったり表示になってしまっているものの、
プレイ中は気にならない。

Kindle活字本は問題なく読める。

Kindleコミックでは文字の潰れや滲みが散見されるものの、
画面が大きいので読める。(作品にもよりますが)

インターネット閲覧も文字がボヤけたり滲んだりしている感も
あるにはあります。
それでも8インチという大画面なので横向きにすることで、
文字や表示が大きくなり、普通に閲覧して読むことが可能です。


外観は改めて見てもきれい。
丸みのあるデザイン、過去最薄サイズ、鮮やかなカラー(オレンジ)。

このことがFire HD 8タブレットの総合評価アップにかなり貢献。


何度かFire HD 8を外へ持ち歩いて使ってみました。
カバンに入れて持ち運べるサイズ。

カフェやマックで使う分には非常に見やすく快適ですが、
電車の中だと隣の人が顔を向ければ普通に見えてしまうくらい大画面。
映画、ゲーム、インターネットで使うとき、周囲から覗き見られることに敏感な人には
8インチという画面サイズはちょっと酷、気になって使いづらいかもしれません。

スマホのテザリングでインターネットも快適に見れました。

あと、Amazonからのメッセージとして、
「お出かけ前に映画をダウンロードして」といった表示が
スリープ解除画面だったか広告キャンペーン画面だったかに出てきますが(^^;)
実際ダウンロードして出かけたら、これがいい♪想像以上。
インターネット接続なしに映画が鑑賞できるわけです。
細切れ時間に少しづつ見てもかなり楽しめます。

ちなみに、ダウンロードする画質は三段階あり、最高画質では、
容量不足とされダウンロードできませんでした。
二番目(真ん中・標準)でダウンロードしたところファイルサイズ2GBほどあり、
本体内へ映画は1本程度しかダウンロードできないことが判明。
(8GBモデル最大領域5.65GB→映画2.29BGをDLし残り545MB)

数本以上の映画やドラマを持ち運びたいのなら、
microSDカードが必須ですね、8GBとか16GBでもいいので。


音はやはりよい♪
ステレオスピーカーの音質ももちろんですが、イヤホンで聞いて、
映画やゲームの音質が上質。

Dolby Digital, Dolby Digital Plus,Dolby Atmos,など、
ドルビー音響の効果だと思いますが、音像が立体的でマイルド。
いつも映画を観てそう思ってましたが、外出時イヤホンでゲームを
したときに一瞬驚きました、いい音なので。


<問題点>
問題点も挙げておきましょう。

筐体が妙に縦長な造りなのはファーストインプレッションの時期に
お伝えした通り。

この縦長に関係して、ここ最近気づいた点として横向き時の上下のベゼルが狭い。
見た目の美観は高めるのですが、使用中、何気に下あたりを持つと
指がナビゲーションバーに触れてしまい、戻る・ホーム・マルチタスク
を誤打してしまう、そんなことが何度かありました。
このように不要なタイミングで誤ってホームやマルチタスクを押してしまうと、
映画やゲームやインターネットが途中で閉じてしまうわけで不愉快、困る。
通常は左右両脇の太いベゼルを握っているので問題ないのですが、ふと、
無意識に下でも支えたくなる、下ベゼルに指を添えたくなることもあります。
特に映画観賞時。


<まとめ>
Fire HD 8タブレットを1か月使ってきまして特に問題もなく、
快適に動作して、楽しめる端末だということがわかりました。

総合的な感想としても買って満足♪

補足ですが、端末の裏面Amazonのロゴは縦向きの表示であり、
縦向きに使ってね、というAmazonからのメッセージなのかもしれませんが、
今回のレビューからおわかりの通り、映画鑑賞、ネット閲覧、
といったことから管理人はFire HD 8をほぼ横向きで使うようになっています。
ゲームも横向きが多いし、ステレオスピーカーの位置関係も横向き。

などと、いろいろな要素がありますが、1か月前ファーストインプレッションで
述べました通り、今年2015年新型に関しては、同時にサービスインした
Amazonプライムビデオ、映画見放題サービスが強力過ぎました。

Fire HD 8タブレットで毎日のように映画を楽しんでいます♪

数年前、Amazon CEO ジェフ・ベゾスが当時のKindleFireタブレットについて、
みんながコンテンツに夢中になるような端末を目指している、
といったことを発言していましたが、
現在管理人もFire HD 8でAmazonプライムビデオ鑑賞中は、
この端末がFire HD 8だということを忘れて映画に没頭しており、
まさしくそれが実現している格好です。

※この記事の2015年モデルFire HD 8は販売終了。
後継機種となる2016年新型はこちら
→ Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック┃2016年発売モデル

関連記事

Fire HD 8 タブレットを10日間使った感想
Fire HD 8 タブレット購入、2015年初代モデル
Fire HD 8 レビュー、2015年新型タブレット
Fireタブレット【比較】2015年新型モデル3端末