Fire OS 3.0→4.0無料アップデートの予告


Kindle Fire HDX 8.9を昨年から愛用していますが、
2014年10月9日夜、ホームのスライダーバーにAmazonから、うれしいお知らせが届きました。

Kindle Fire HDX 8.9スライダーにFire OS 4予告

どうやらOS4にアップデートしてくれるという予告♪
もちろん無料。


Fire OS 4アップデート予告

ご利用のタブレット(=Kindle Fire HDX 8.9)は、近日中に
Fire OS4へ無料ソフトウエアアップデートされます。

<OS4予告内容>

ビジュアルデザインが一新
数々の新機能

■Officeドキュメント
WPS Office標準搭載─Officeドキュメントの表示、編集、作成が可能
Cloud Driveクラウドにドキュメント自動バックアップ

■バッテリー長寿命
SmartSuspend機能─端末を使用しない時間を割り出してWiFi自動切断、バッテリー消費減。
その間もメールやアプリの通知は最新。

■天気、計算機アプリ

■没入型全画面モード
アプリやゲームが全画面に

■バックアップと復元
無料でAmazonクラウドに自動的にバックアップ保存

Fire OS 4アップデート概要


Kindle Fire HDX 8.9は2013年11月末に日本でも発売され、
Amazonの独自OSのバージョン3のMojitoを搭載、少しづつマイナーバージョンアップ
を繰り返してきました。

2013年
Fire OS 3.0 「Mojito」

2014年
新Fire OS 4「Sangria」(Android4.4 KitKatベース)

新Fire OS 4「Sangria」は2014年の新型3機種

Fire HD 6タブレット
Fire HD 7タブレット
Fire HDX 8.9タブレット (ニューモデル)

に搭載されているとAmazonが公表しており、

既存モデルには例年通り、バージョンアップはないという見方と、
今回はあるという未確認情報のどちらかわからない状況でした。

昨日の通知でバージョンアップ(3→4)ほぼ確定したと言ってよいでしょう。


但し、2013年モデルがバージョンアップ提供の対象とされ、

Kindle Fire HDX 8.9(2013年11月末発売)
Kindle Fire HDX 7(2013年11月末発売)
Kindle Fire HD(2013年11月日本発売モデル)

ですが、

Kindle Fire HDX 7は現行で販売継続なのでアップしないという噂あり、
Kindle Fire HD(2013年11月日本発売)は管理人が所有していないのでわかりかねます。

(※情報が入り次第、追記の予定)

後日追記)自動的にソフトウエアアップデートされました
Kindle Fire HDX 8.9がFire OS 4.0にアップデート