【カメラテスト】Fire(2015)とFire HD 8【写真・動画】


FireタブレットとFire HD 8でカメラテストを行いました。
2015年の新型モデル2端末。

技術仕様・カメラのスペック Fire(2015)、Fire HD 8

まずはamazon.co.jpから引用転載で技術仕様を記載。

Fire タブレット(2015・7インチ)
カメラ:VGAフロントカメラ、2メガピクセルHDリアカメラ

Fire HD 8
カメラ:720p HDフロントカメラ、5メガピクセルHDリアカメラ

Fire HD 10
カメラ:720p HDフロントカメラ、5メガピクセルHDリアカメラ

3機種ともにディスプレイ側と、その反対の手でつかむ裏面の側、
前と後ろ、2つのカメラを装備。

前面はビデオチャット用でしょう。
通常、記録のために写真や動画を撮影するならリア(背面)カメラですね。

カメラ機能で設定できる項目

<Fire7のカメラ設定項目>

HDR
画像レビュー
写真の比率「4:3」「16:9」
パノラマ
レンチキュラー

1.0×~2.0×までズーム可能

<Fire HD 8のカメラ設定項目>

HDR
画像レビュー
ビデオ画質「720p」「1080p」★
写真の比率「4:3」 「16:9」
ベストショット★
パノラマ
レンチキュラー

1.0×~4.0×までズーム可能
(ピンチイン、ピンチアウト操作)

(★はFire7には無い設定項目)

※詳しくは、こちらの記事にまとめました。
→ カメラ機能の設定項目・使い方【Fire OS 5】Fireタブレット

リアカメラでテスト撮影

今回のテスト撮影はリアカメラ、つまり
ディスプレイの裏側に配置された背面カメラで撮影。

写真と動画、両方を撮っています。

動画

実際に撮影した写真のスライドショー、および動画を
Youtubeにアップしましたのでご覧ください。

Fire(2015)カメラテスト【写真】【動画】

Fire HD 8 カメラテスト【写真】【動画】

動画のほうは切り替え効果、一部色塗りつぶし(プライバシー保護のため)
など、多少の編集しています。
写真にBGMとして音楽を加えたという点も。

しかし基本的に素のままですので、こんなくらいの
写真や動画を撮影して記録できるんだと考えていただいて結構です。

カメラのレンズが隅に配置

レンズの位置について前面カメラは短辺中央ですが、
背面カメラは隅というか角に配置されています。

8.9インチ型(もしくはHDXシリーズ)では長辺の中央に配置されており、
その違いがやや気になっていました。

しかし実際使ってみますと、事前に気にしていたほど影響はありませんでした。
すんなり撮影に入って撮影中も気にならず。
よく考えてみればスマホも大抵は隅に配置されてますので問題ありませんね。

レンズが上側に来るように持つようにしましたが、ちょっと指が映りこんで
しまっていました。スマホとはサイズ感が違うので持ち方に注意したいところ。

横画面の向きで撮影。縦向きで撮ってもいいのかどうかは、
要領としてスマホと同じですよね。横向き撮影が基本でしょう。

Fire(2015・7インチ)は撮影領域が狭い

Fire(2015・7インチ)で撮影しますと、200万画素ということで、
撮影する画面の領域が狭い。常に撮影距離をアップしたような感じで、
ややギョっとします。
景色などを広く撮影したいのなら不向きかもしれません。
撮影した写真や動画もパソコンで見てみるとモヤっとしています。

Fire HD 8(Fire HD 10も同スペック)のほうが広角で撮影可能。
Fire7よりクリアなのは500万画素だからでしょう。

どちらも遠近の調整はできませんが、若干のズームはできます、
ピンチインピンチアウト操作してください。

Fire2015とFire HD 8カメラテストまとめ

7インチの格安Fire2015のカメラは普通に撮影できますし、それなりに
きれいな写真と動画が記録できるものの、あくまでスケッチ程度、
咄嗟に何かを見つけた際の瞬間的なメモといったレベルでしょうか。

写真や動画を残すことを目的に記録していきたいなら、
Fire HD 8のほうがよいですね。
(所有していませんがFire HD 10も、このHD8と同じスペック)

それよりも撮影時の操作画面が昨年のFire OS4までに比べて確実に
進化していることがいいね、と思いました。
撮影しやすい、わかりやすい、多機能という印象。

カメラの画素数的には2015年モデル、多くを期待できるスペックではない
のは、おわかりかと思います。
大抵みなさんお持ちのスマホのカメラが高機能ですから、そちらで
撮影するでしょう。それでもタブレットはプレビュー的に見ながら
撮影しやすいですし、手に持ってしまえば大きい分だけ扱いやすいので、
写真や動画を積極的に撮影していくのは面白いと思います。

2015年モデルならマイクロSDカードを装着すれば、
外部カードに保存できますので容量不足の心配もなし。
動画を大量に撮影しても大丈夫♪

関連記事

Fire(7インチ)レビュー、2015年新型タブレット
Fire HD 8 レビュー、2015年新型タブレット
Fire HD 8でmicroSDカードを使う設定方法、Fire(2015)タブレットも
ホーム画面の基本操作【Fire OS 5】Fireタブレット(カメラ起動方法)